仮説

おはようございます。

暮らし、味わう。
食のセレクトショップ&カフェ テマヒマ
ただいま準備中!
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。


テマヒマ・カフェでは、

店主(うちの奥さん)が味噌ソムリエということもあって味噌にこだわります。

味噌を使った料理とか

味噌を選べる味噌汁とか。

味噌の面白さは、

地域によって素材や作られ方が違ったり、

人によって好みが違ったり、

十人十色というかその多様性だと思います。


我が家はどちらかと言えば甘目が好み。


先日東京で行ったお味噌屋さんでは

かなりの種類からお味噌を選べて

量り売りしてもらえるのですが店員さんが

「最近お味噌は甘いのがトレンド」

と仰っていたのでそれについて考察•仮説を。


まずトレンドということについて。

勿論ファッションのような短サイクル

なものではありませんが、

前述のような地域性ということで言えば

全国的な傾向があるのは不思議。

良い面で言えば、その地域のお味噌以外も

食べられるようになった一人十色な状況、

多様性が強まる方向。

悪い面で言えば、全国チェーンの量販店が

どこでも同じようなものを扱うことで、

画一化し十人一色な状況、

地域性や多様性が失われる方向。


次に甘さということについて。
甘いは旨いではないですけど、
旨味というか、微妙なニュアンス、繊細さが
舌から失われ、分かりやすく単純な方向、
に向かってしまってるのではないか?

と小難しく甘~い(粗~い)考察を書いてみました。
あくまで仮説です。
そして甘目の味噌が好きですけど。


それにしても、
カフェで提供したり、販売したりする
お味噌を選ぶために、
出掛けた先々で味噌を
買っては試しているので、
自宅の冷蔵庫の中が味噌で溢れかえってます
。。。
@東京の佐野味噌さん(タイトル画像も)
@大阪の大源味噌さん









0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

「暮らし、味わう。」 テマヒマは 食を通して豊かなライフスタイルを提案する セレクトショップ&カフェです。 味噌ソムリエの店主がテマヒマかけて提供する 発酵食品を中心としたカフェ、テマヒマかけて 作られた暮らしの器・道具、古書などを販売します。 大阪・高槻でただいま古民家再生中。