再出

おはようございます。


暮らし、味わう。

食を通して豊かなライフスタイルを提案する

古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ

プロデューサー,バイヤーの太田 準です。


テマヒマのランチ お味噌汁を選べるテマヒマ

ごはん。お味噌汁のお味噌を選べるというエ

ンターテイメント性に目が向きがちですが、

そのご説明を通してお味噌の種類や特徴を知

って頂くという仕掛け。日常の中でお味噌汁

やお味噌にフォーカスする時間はほとんど無

いと思うので貴重な経験。お友達同士、ある

いはたまたま隣り合わせた方とお味噌につい

て話すという珍しいことが発生します。お味

噌の話はつまりは実家の話であり、故郷の話

につながります。そんな風土から来る食文化

の多様性が薄れつつある危機もありますが。


選べる3種類のうち、はつゆき屋さんの麦味

噌とまるや八丁味噌(豆味噌)は定番でやっ

ていてもう1枠を月替わりぐらいで替えてます

その難しさは以前テマヒマブログ 取組の回で

も書きました。


テマヒマオープンから8ヶ月弱で一番人気は

麦味噌。お子様向けの裏メニュー おにぎりと

お味噌汁のセットでは麦味噌注文率が特に高

いですね。

そして、豆味噌についてその健康への効果が

放送されてからは急に注文が増え始めました

豆味噌と言えば、テマヒマでも先行取扱開始

してます小倉ヒラクさんの新著「日本発酵紀

行」の冒頭で豆味噌を取り上げていて、他の

米味噌や麦味噌と違って、麹を作る工程と味

噌を作る工程とが分離しておらず製法や味が

大陸的であり、大陸から最初に伝来した味噌

(当時は未醤、未だ醤にならざるもの)は豆味噌

だったという話は興味深いです。


さて、もう一枠のお味噌。これまで仙台味噌

醤油さん(宮城県)、五味醤油さん(山梨県)、井

上本店さん(奈良県)、やさか共同農場さん(島

根県)、小池糀店さん(長野県)、安藤醸造さん

(秋田県)、高木糀店(石川県)とご紹介してき

ましたが、今日から小池麹店さんが再出(場?)再出(演?)します。テマヒマブロ

グ 制約の回でもご紹介しましたがどこか香り

や味もチーズぽさを感じます。決して平均点

的なものではないどちらかと言えば癖のある

お味噌ですが、前回ご紹介した際は大変人気

でした。お味噌の多様性、地域による食文化

の多様性を感じて頂けるのではないでしょうか?

水曜日は味噌キーマカレーの日ですが、セッ

トにお味噌汁もついていて、お味噌もお選び

頂けます。ただ。。。追加注文した麦味噌が

現時点で未だ届いていないのが気になるとこ

ろ。開店までに間に合うのか!?

今日も11時オープンで皆様のお越しをお待ち

しています。ランチの11時半のお時間はご予

約で残り3席となっています。


それでは今日もよい一日を!


明後日5/24(金)は臨時休業致します。


0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

「暮らし、味わう。」 テマヒマは 食を通して豊かなライフスタイルを提案する 古民家カフェ&セレクトショップです。 味噌ソムリエの店主がテマヒマかけて作る 発酵食品を中心としたカフェ、 テマヒマかけて作られた暮らしの器・道具、 食に関する古書を販売しています。 古民家を改修した隠れ家的空間で、 ランチ、スイーツ、お買い物、おしゃべりを お楽しみ下さい Since 2018.10.01