進歩

おはようございます。

暮らし、味わう。

民藝と発酵をモノサシに
食を通して暮らしの豊かさを提案する
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

昨日は定休日を生かして大阪日本民芸館に行
ってきました。コロナ禍の影響で休館してい
たのですが5月21日から再開していました。
大阪日本民芸館は、大阪万博の際に日本民藝
館と関西の財界人が出展したパビリオンが元
になって開館しました。その万博から今年で
50年記念ということで特別展”民藝の力ーパビ
リオン日本民藝館とEXPO’7ーが開催されてい
ます。

大阪万博のメインテーマは、”人類の進歩と調
和”で、各国、各企業が、当時の技術のすいを
集め展示していた中で、この民藝館のパビリ
オンはおそらくかなり異質だったのではない
でしょうか?僕自身は1972年生まれなので、
勿論その万博には行ってないのですが、万博
に行って日本民藝館のパビリオンを見た方は
どう感じたのでしょうね?大阪民芸館の最後
のコーナーで毎回ビデオ上映があるのですが
今回は万博の各パビリオンを紹介する当時の
記録映像が流されていて見入ってました。そ
の中で民芸館の紹介は不思議な、端的に言う
と浮いてるように感じました。
ある電機メーカーの人間洗濯機というものが
あって、水着の女性がガラスばりの浴槽につ
かると自動でお湯が溜まっていき、マッサー
ジのように水流が出つつ体を洗ってくれる、
のを、観客が見てる様子はかなりシュールで
ちょっと笑ってしまいました。技術的にそれ
が生かされた何かが現在きっとあるとは思い
ますが、全自動人間洗濯機という未来は50年
後の今にはありません。

今回の特別展では当時の展示を再現してたり
して見応えがありました。柳宗悦が蒐集した
古いもの、五十年前の新しいもの、開館後に
大阪日本民芸館がコレクションしたものが、
時系列で展示されていますが、未来を表現し
てない分、時代を越え古びない美しさ、感覚
がありました。個人的には小石原の大皿で櫛
描きが細かく入ってるものがお気に入りでした。

この特別展は会期が延長されて7/27まで。
よろしければお運びください。

今から5年後に大阪で再び万博が開かれます。
今まさに進行しているコロナ禍のこともあり
どんなテーマの万博になるでしょうか?どん
な未来を提示するのでしようか?そして、民
藝館、あるいは民藝館的なパビリオンはそこ
にあるのでしょうか?
それにしても、こういったお出かけはいつ以
来でしょうか?大阪日本民藝館でも入場の際
に、手指の消毒や検温、名前•連絡先等の記入(
又はコロナ追跡システムのQR読み込み)といっ
た、いつもとは違う緊張感はあったものの、
久しぶりのオフらしいオフでリフレッシュ出
来た気がします。

リフレッシュしたところで?今日も11時オー
プンで皆様のお越しをお待ちしております。
ランチもテイクアウトも今のところご予約は
0ですので、ご予約無しでご利用ご案内出来ま
す。
それでは、好いモノ、好いコト、好いトキを
テマヒマで。今日も好い一日を!

タイトル2文字は未来としたかったところで
すが既出でしたので、前の万博のテーマから
とって進歩としておきます。

0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

「暮らし、味わう。」 テマヒマは 民藝と発酵をモノサシに 食を通して暮らしの豊かさを提案する 古民家セレクトショップ&カフェです。 味噌ソムリエの店主がテマヒマかけて作る 発酵食品を中心としたカフェ、 テマヒマかけて作られた暮らしの器・道具、 食に関する書籍を販売しています。 古民家を改修した隠れ家的空間で、 ランチ、スイーツ、お買い物を お楽しみ下さい Since 2018.10.01