実家

おはようございます。

暮らし、味わう。

民藝と発酵をモノサシに
食を通して暮らしの豊かさを提案する
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ
1/6(水)迄年末年始のお休み!
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

大晦日、元旦は、桃谷にあるうちの奥さん(テ
マヒマ店主)方のお墓参りをして、梅田でお供
えや年越し蕎麦の天麩羅などを買い出しして
吹田にある僕の実家に行くというのがここ数
年のお決まり。

コロナの状況もあり、外出自粛もあり、父親
が高齢で肺に持病があることもあり、念の為
確認したところ、例年通り、という返答でしたので、今年も行くことになりました。

実家に行くのは、盆暮れどころか年末年始の
この時のみ。年に一回しか帰っていません。
なのでちょうど1年ぶりの実家。

ちょうど1年前のブログ、晴褻の回で実家での
お節のこと、亡き母の晩年のスタイルを踏襲
して、毎年変わらず、同じ器で、ほぼ同じメ
ニューで、同じように食べ過ごしていること
を書きました。器に関する母からの影響も交
えつつ。詳しくはそちらをご覧頂くとして。
毎年毎年変わりばえのしない時間を過ごして
いるのですが、今年も例年通り。でも今年ほ
ど例年通り、いつも通り、ということの有り
難さを感じたことはありません。多くの方が
帰省を諦めた,我慢されての方が多いとは思い
ますが、高槻〜吹田と近いので(近かったらい
いのか?という話も無くはないですが)帰って
いつも通り過ごさせていただきました。1年ぶ
りに会う父親は、当たり前に1年老いているの
ですがさほど変わらずで、それも有り難いこ
とです。
来年のお正月には皆さんも例年通りとなり
すよう、移動に対して様々な制約が無くなり
いつも通りであるよう祈ります。

いつも通り、当たり前であることが難しい今
ですが、お客様にとってテマヒマという場所
が、テマヒマでご提供ご提案しているモノや
コトが、いつも通り当たり前であるように、
いつも通り、当たり前を日々重ねていきたい
今年は特にそう思います。

タイトル画像は、実家の横にある、通称巻き
糞公園。巻き貝なのにいつの頃から巻き糞と
呼ばれるようになりました。麒麟•田村の何年
か前のヒット作•ホームレス中学生の舞台にな
ったところです。何年か前まで実家に戻る度
にこの巻き糞公園の画像を個人のインスタに
アップするのが例年でした。

0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

「暮らし、味わう。」 テマヒマは 民藝と発酵をモノサシに 食を通して暮らしの豊かさを提案する 古民家セレクトショップ&カフェです。 みそソムリエの店主がテマヒマかけて作る 発酵食品を中心としたカフェ、 テマヒマかけて作られた暮らしの器・道具、 食に関する書籍を販売しています。 古民家を改修した隠れ家的空間で、 ランチ、スイーツ、お買い物を お楽しみ下さい Since 2018.10.01