Articles

テマヒマ食の基礎講座17~薬膳入門編~

薬膳は、「身体に合うものを選び、 健やかに
過ごすための、食の知恵」。和食・フレンチ
・イタリアン・中華・エスニックなど、様々
なジャンルのお料理に応用できて、カラダだ
けでなくココロも整えてくれるすぐれもので
す。普段気軽に買える食材ひとつひとつにも
効能があり、ほんの少し意識するだけで、い
つもの食卓が薬膳に!お料理をつくるのが得
意かどうかは関係なし!知っていると日々の
ごはん選びが楽になり、そして身体も喜ぶ、
一生ものの食の知恵です。

今回の「薬膳入門編」では、薬膳の大切な基
本と、体質チェックでご自身の今の体質を知
るところからスタート。身体からのサインの
読み解き方や、それぞれの体質に合う食材・
注意したい食材・過ごし方など、座学中心に
じっくりと学びます。
そして、レッスンの最後には、ことことの庭
さん&テマヒマでつくるこの日限定の薬膳ラ
ンチで、学んだことを食べながら美味しく復
習。
ご自身の体質に合ったお味噌汁と、体質別の
おかず8品、土鍋で炊いた発芽玄米ごはんをお
召し上がりいただきます。

■内容
・薬膳って何だろう?
・薬膳の基本「陰陽」「気・血・津液(水)」について
・体質チェック
・各体質についてとおすすめの食材や飲みものなど
・体質別のお味噌汁とおかずで楽しむ薬膳ランチ

■開催日時
2022年6月20日(月) 11:00〜14:00頃
※当日は通常のランチの営業はございません

■開催場所
食のセレクトショップ&カフェ テマヒマ
〒569-1123大阪府高槻市芥川町3-10-13
Tel/Fax 072-655-3259
Mail temahimaselect@gmail.com

■定員
10名様(最少催行人数:4名様)

■参加費
5900円(税込) 当日払い
薬膳テキスト、ランチ、ドリンク付き

▼お申し込み方法
電話・メール・公式LINEにて先着順。
その際、下記4点をお知らせください。
①お名前
②お電話番号(携帯電話をお持ちの方は、出来れば携帯電話番号)
③薬膳を学んだ経験の有無
④その他連絡事項(アレルギーの有無、妊娠中の場合など)
※フェイスブックの参加予定ボタンではお申込みとはなりません!

▼持ち物
筆記用具

▼キャンセルポリシー
準備の関係上、5日前(6月15日)以降のキャン
セルにつきましては、キャンセル料として参
加費同額を頂戴いたします。

▼講師ご紹介
「ことことの庭」田村明子
調理師として様々なお店で経験を積むととも
に、自らの体調不良で「食べるもので身体は
つくられる」と身をもって感じたことをきっ
かけに薬膳を学び始め、国際薬膳師・薬膳カ
ウンセラーの資格を取得。
 「身体と対話しながら、楽しく美味しく」を
コンセプトに、身近な食材で楽しむ薬膳料理
教室や、季節のごはん会など、活動を展開中
https://www.instagram.com/mimosa.aki/
おはようございます。

暮らし、味わう。
民藝と発酵をモノサシに
食を通して暮らしの豊かさを提案する
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

「薬膳」。とてもよく聞く言葉ですし、薬膳
○○と称する(一部にはホンマに!?言うたも
んがち!?みたいなものまで)飲食店も結構あ
ります。実際のところ薬膳って何だろう?自分自身知りたい、学んでみたいと思ったのが
この講座のきっかけ。田村さんにご相談して
企画し、当初は2020年4月26日に予定し参加
者も募集していましたが、コロナの影響で中
止を余儀なくされました。2年を経て、内容
もブラッシュアップした上で満を持しての開
催です。2年前の構想では入門編の後季節ごと
の薬膳講座を計画していましたが、コロナの
状況も不安定ですので今回は入門編のみ。そ
の後は状況を見ながら検討したいと思います
。薬膳ランチ付きでかなり充実したものとな
りますし、またテマヒマでの開催ならではの
ものでもありますので、是非ご検討ご参加下
さい。お申込みお待ちしております!

冒頭の紹介文やタイトル画像、いつもと違う
感じでは無かったですか?今回田村さんが作
成してく下さって、ほとんど修正しないでい
い状態でした。素晴らしい!ありがとうござ
います!
テマヒマは今日も11時オープンで皆様のお越
しをお待ちしてます。ランチのご予約状況で
すが11時半が2組、12時が1組で残り8席とな
っています。

それでは、好いモノ、好いコト、好いトキを
テマヒマで。今日も好い一日を!
こんばんは。

暮らし、味わう。


民藝と発酵をモノサシに

食を通して暮らしの豊かさを提案する

古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ

今日明日は火曜日水曜日で定休日!

プロデューサー,バイヤーの太田 準です。


ある産地はとても人気で、人気過ぎて、お客

様がわざわざ現地に行っても、そこで作られ

る器を買うことは残念ながらほとんど出来な

かったりします。業者が買い付けに行ったり

注文したりするもので、作られたモノはその

産地から出て行ってしまう。とても歪な状態

になってしまっています。


先日、その産地の作り手に注文のやりとりさ

せて頂いた時に、とても申し訳なさそうに値

上げについて仰っていました。業者からの注

文/仕入が増えたことでほとんど全てが卸値で

旅立っていってしまう、その結果、仕事量

(作る量)は増えているのに売上は下がって

しまう。とても歪な構造になってしまってい

ます。全くサスティナブルではない状態。


かくゆう、テマヒマも、その業者の末席にい

て、その歪さを生み出してしまっている一人ではあるのですが。。。


先日お邪魔した鳥取の岩井窯・山本教行さんは、基本現地での直販と各地で行う作品展で

の販売のみで、卸販売・常設での販売は現在

やってなくて、直販中心に切り替えたことで

収益性は随分改善されたと仰っていました。

使い手が作り手のもとに直接訪れ、作り手が

自ら販売出来る時代に、配り手はどうあるべ

きか?という問いかけも頂きました。作り手

に対してプロデューサー的な役割と、大げさ

に言うとパトロン的な役割も必要では?とも


全ての作り手が自ら発信したり、販売する時

間や労力をかけれるわけではないので、また

全ての使い手が作り手のもとに訪れることが

出来るわけではないので、配り手が間に入っ

て代行する役割はあるとは思いますが、ただ

棚に並べて販売するだけではない、意味や価

値をせめて生み出さなければ、歪な状態・構

造を是正する、配り手一個人としての妙案は

ないだけに、作り手や使い手の皆様に申し訳

ない、そう思います。


その作り手とのやりとりの中で、「いつも

(インスタで)丁寧にご紹介いただきありが

とうございます!」という言葉をいただいた

のが、せめてもの救いですが、作り手・配り

手・使い手の運命共同体(山本教行さんの言

葉を借りると)が、サスティナブルな状態・

構造にどうしたらなるのだろう?と、その末

席で考えたりもしています。


タイトル画像は内容とは全く関係なく先程見
上げた空です。


テマヒマは今日明日火曜日水曜日で定休日で

す。明後日5/19(木)11時オープンで皆様のお

越しをお待ちしております。


今日も一日お疲れ様でした。

それでは、好い夜をお過ごし下さい。


おはようございます。

暮らし、味わう。

民藝と発酵をモノサシに
食を通して暮らしの豊かさを提案する
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

現在の朝ドラは、沖縄を舞台とした「ちむど
んどん」。ドラマも楽しみに見ていますが、
もう一つの楽しみがあります。神戸岡本にあ
る、沖縄の本や一部工芸品や食品を扱ってら
っしゃる「まめ書房」さんがInstagramにアッ
プされてる#ちむどんどん豆知識 を見ること
。ドラマの場面や台詞から、沖縄の風俗や暮
らしなどについて詳しく解説してらっしゃっ
て勉強になります。その博識ぶりと、そして
よくその細かい所に気がつくなぁということ
に驚かされます。まめ書房さんには3年前、
テマヒマ食の基礎講座③〜沖縄の食編〜お話
し会でお世話になりました。
そのまめ書房さんの一昨日のインスタで書いてらっしゃったことを長文ですがご紹介した
いと思います。

この物語の舞台・戦後の沖縄は、米軍統治下の「アメリカ世(ゆー)」。米軍のトップが絶対的権力を持ち、人々の暮らしはその大きな影響下にあった。しかしドラマでは、米軍の存在が不自然なまでに見えてこない。
*
米軍の土地摂取・米兵による犯罪や事故・沖縄の人々の抵抗・日本復帰運動…何一つ起こらない。まるで歴史のifを描いたSFか、異世界物のファンタジーのようだ。そんな政治や社会の話は朝ドラにそぐわない、他の番組で取り上げます…という事なのか。
*
だが沖縄に無関心な人も見る朝ドラだからこそ、私達が知らない「アメリカ世」の姿、当時の人々の気持ちを描いてほしかった。せめてその片鱗でもあれば、皆が今の沖縄の状況にも関心を持つきっかけになると期待していた。
*
しかし本作では日本復帰もあっさりと完了、物語の舞台は東京へ。今後も沖縄は「米軍のいない沖縄・何事もない沖縄」として描かれるのか。沖縄の記憶や歴史を、またしても「ヤマトゥ(日本)に都合のいい沖縄イメージ」で上書きするのか。
*
それでは、製作者と同じヤマトゥンチュー(日本人)の一人として、あまりにも情けなく恥ずかしい。


昨日は沖縄の本土復帰から50年の日でした。
おそらくその50年という年だからこ今回の朝
ドラは企画されたのだろうと思います。それ
だけに、ぼーっとドラマを見てるだけでは見
逃してしまう、でもぼーっと見てる人が多い
だろうからこそ、まめ書房さんの指摘は重要
に思います。

テマヒマでは開店当初こそ横田屋窯さんや登
川均さんのやちむんの扱いがありましたが、
出張に行く難しさもあって現在はありません
。基地問題をはじめ、沖縄の現在の問題につ
ては、沖縄で石獅子を作ってらっしゃる若
大地さんが発信してらっしゃるものから得
ことも多いのですが、やはりテレビや新聞
などのマスコミだけでなく現地の方の声を聞くということも大切に思います。

昨日は週末とは思えないほどお客様も少なく
、終日ゆったりのんびりとした店内でした。
お越し頂きました皆様ありがとうございまし
た!
今日も11時オープンで皆様のお越しをお待ちしております。ランチのご予約状況ですが、
キャンセルが発生した為お1組のみで残り12席
とお席にかな〜〜〜〜り余裕がございます。

それでは、好いモノ、好いコト、好いトキを
テマヒマで。今日も好い一日を!

おはようございます。

暮らし、味わう。

民藝と発酵をモノサシに
食を通して暮らしの豊かさを提案する
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

昨日はランチタイム終了頃、お店を抜けさせ
てもらって、大阪日本民芸館館で開催されて
ます、みんげい市に行ってきました。毎年、
ゴールデンウィーク明けに行われるイベント
ですが、コロナで2度中止になっていたので3
年ぶりの開催。お店を始めるまでは毎年行っ
てたのですが、開店してからは初めて、4年
ぶりに行ってきました。
テマヒマでもお取り扱いさせて頂いています
中ノ畑窯さん
河井一喜さん
河井達之さん
山口和声さん
南森正仁さん
小島優さん
も参加されていて、皆さんとお話しも出来ま
した。山口和声さんと小島沙和子さん(優さんの妹さん)にはあるご相談もすることが出来ま
した。
これだけの作り手が一堂に会するのも珍しい
ですし、何よりも直接作り手の方とお話し、
交流する機会も滅多にないかと思います。ま
た作り手同士も交流、情報交換している様子
がよく見られました。

このイベントは今日も10時から17時まで開催
されています。お近くの方は是非!大阪日本
民藝館の現在の展示「今のかたち〜西日本の
民藝〜」と合わせてご覧になるのもおススメ
です。あとテマヒマとハシゴするのもおスス
メです笑。
テマヒマは今日も11時オープンで皆様のお越
しをお待ちしております。ランチのご予約状
況ですが、12時が3組で残り8席となっていま
す。
それでは、好いモノ、好いコト、好いトキを
テマヒマで。今日も好い一日を!

交流というタイトルは既に2度使っているよう
ですので、3度目の登場とさせて頂きます。

おはようございます。

暮らし、味わう。

民藝と発酵をモノサシに
食を通して暮らしの豊かさを提案する
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

昨日は、大津市は圓満院にある、日本で唯一
の大津絵美術館に行ってきました。

改めてて大津絵について、同美術館のホーム
ページから抜粋してご説明すると

大津絵とは、今からおよそ340年昔(江戸初期)、東海道五十三次の大津の宿場(大津の追分、大谷)で軒を並べ、街道を行き交う旅人等に縁起物として神仏画を描き売ったのがその始まりです。
1804- 1829年には「大津絵十種」と呼ばれる代表的画題が確定され、画題は増え続け、幕末には最盛期を迎えましたが、画題の簡略化に伴って減少し、現在では百余種とされています。
名も無き画工たちが書き始めたのが始まりで、その多くの絵柄は風刺、教訓の意味を持っています。
貸切状態な中ゆっくりじっくり見せて頂きま
した。圓満院のお庭もとても素敵でひとりで
のんびり雨のお庭を眺めていました。
大津絵を民画の代表としてその価値を見出し
高めた1人は柳宗悦で、自ら蒐集し日本民藝館
にも多数所蔵されています。
正直なところを告白すると、一昨年東京ステ
ーションギャラリーで開かれていた大津絵展
を見るまではそれほどピンとはきていません
でした。あの展示会以降、民藝館での展示で
企画展の一部として出される大津絵にグッと
くるようになってきました。
なかなか言い方が難しいのですが、昨日大津
絵美術館で大津絵を見て、大津絵だから好い
ということではなく、やはり柳宗悦という眼
を持って選ばれた大津絵は違うということ、
そしてその魅力を引き出すには展示の仕方も
大切であることを感じざるを得ませんでした

タイトル画像は、大津絵美術館の売店で販売
されていて購入した現在の大津絵師さんによ
るもの。お二人のご高齢の女性だそうです。
肉筆画ですので一枚一枚違っていまして、数
ある中から選ばせて頂きました。

右側は鬼の寒念仏。
恐ろしいはずの鬼が念仏を唱えながら布施を
乞うて歩く姿。大津絵美術館の大津絵の中で
も鬼を描いたものは惹かれるものが多かった
です。
左側は外法の梯子剃り。
外法(長頭翁)の長頭のむだ毛を梯子にのぼった
大黒さんが剃っています。
ともに滑稽さのあるものですね。

印を見るとそれぞれ別の作者ですね。お店の
どこかにこっそり置いておきますので、お気
づきになりましたらご覧ください。

テマヒマは4連休を経て本日から通常営業です
。11時オープンで皆様のお越しをお待ちして
おります。ランチのご予約状況ですが、キャ
ンセル発生の為お1組となっています。今日か
ら新メニュースタートです。
それでは、好いモノ、好いコト、好いトキを
テマヒマで。今日も好い一日を!
おはようございます。

暮らし、味わう。

民藝と発酵をモノサシに
食を通して暮らしの豊かさを提案する
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ
本日は臨時休業!
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

昨日に続き今日のブログは鳥取旅後編、2日目のことを。
岩井温泉を後にして向かったのは岩井窯さん
。サラリーマンを辞め独立起業する決断をし
たきっかけの1つは岩井窯の山本教行さん房
江さんとの出会いがあり、テマヒマの構想の
ヒントの1つは岩井窯さんのあの場所、空間
でした。テマヒマブログを始めて2日目には岩
井窯さんのことが登場するほど。
岩井窯さん(娘さんの姫奈さん)にご連絡した際
、月火は休館日で皆さんそれぞれ予定がある
とのことでしたが、岩井窯さんのあの敷地の
空気を吸うだけでも、気を感じるだけでも、
いいです!ということでお邪魔させて頂きま
した。
すると、山本さんご夫妻も、小代ふもと窯か
ら修行に来てる井上尚之さんの息子さんもい
らっしゃいました。そして山本先生と色々お
話する時間を頂きました。3月末に大阪日本
民芸館に山本教行×坂本創(小鹿田焼、山本さ
んのお弟子さん)の座談会を聴講に行った際に
創さんが山本先生の手の大きさについてお話
されてましたが、お話を伺いながら改めて、手の大きさに驚きました。元々大きかったの
でしょうか?仕事を続けるうちに大きくなっ
たのでしょうか?
岩井窯の敷地には参考館という建物があって
山本さんがモノ作りの参考にする為に蒐集し
た世界各地の民藝の品々が並びます。昨年11
月に出た山本さんの著書「リーチ好き」に関
連した展示をしているのですが、なんと山本
さんご自身の解説付きで観るという贅沢な時
間となりました。
中には、若い頃、作品展の売上全部を出して
買ったという当時の車一台分もするだろう、イギリスの古いスリップウェアもあります。

先日の座談会でも断捨離に反対ということを
仰ってましたが、僕自身お店に立ってて、高
齢の方がよく終活という言葉を使う、モノを
手放そうとする方が多いという話しを向けた
ところ、僕はたぶん死ぬまで蒐集し続けると
思うと。そしてこういう言葉を。「僕は今、
コレを預かっているのだと思う。モノにも命
(運命)があって、きっとそれを望む人のもとへ
と辿り着くと思う」。とても素敵な考え方だ
なぁと思いましたし、だからこそあれだけの
モノが集まってきたのだろうなと思います。
そしてそれが原動力となって作品が新たに生
まれまた別のモノの運命が続いていく。

参考館の2階には山本さんのこれまでの作品も
置かれていて、岩井窯開窯当時の50年前、それ以前の出西窯での修行時代に作ったモノ
も見ることが出来ます。その時代その時代で
しか作れないモノがあると言います。74歳を
迎えられ、50代の頃のような仕事の仕方も作
品も出来ない、今、この時の在り方を大切に
するということを仰っていました。先日の座
談会でも、薪窯がガス窯、電気窯に変わって
いくとして、作品もガス窯だからこそ、電気
窯だからこそのモノを作りたい、作るべきと
いった趣旨のことをお話しされていてそれと
も通じる一貫した姿勢なのですね。

色々お話する中で、テマヒマ開店5周年を迎え
る来年10月のことをお話しました。ふと口か
ら出たことですし、実現するかどうかは分かりませんが、それはこれから約一年半後にそ
うなる可能性があるところまで、お店として
成長するよう、自分に発破をかけた気もして
います。

とても贅沢で貴重な時間となりました。お休
みのところ、山本家の皆様、本当にありがとうございました!

テマヒマは今日は臨時休業です。
4連休を経て明日11時オープンで皆様のお越し
をお待ちしております。
それでは今日も好い一日を!

鳥取旅前編はコチラ








おはようございます。

暮らし、味わう。

民藝と発酵をモノサシに
食を通して暮らしの豊かさを提案する
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ
5/12(木)までお休み!
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

昨日一昨日と鳥取を旅してきました。コロナ
響などあってなかなか訪れることが出来
ず前回から約3年の月日が経ってしまってま
した。今日明日のブログでそんな鳥取旅の様
子をご紹介します。

鳥取民藝のアイコンとも言える緑と黒の染め
分け皿。鳥取民藝の父、吉田璋也がデザイン
したもの。元々牛ノ戸で作られていた伊羅保釉と黒釉だったものを吉田が緑釉と黒釉にア
レンジしました。まずはその牛ノ戸から。
現在小林孝男さん遼司さん父子が作陶されて
います。染め分け皿と言えばお隣の集落、因
州中井窯も有名ですが、中井窯が柳宗理との
お仕事などもあってよりデザインされた、よ
り洗練されたモノに対して、小林さん父子が
作る染め分け皿はどこか揺らぎがあるという
か大らかさを感じるモノとなっています。
ゴールデンウィークの道の駅でのイベントが
あってだいぶん出てしまった後で、また直近
に個展を控えているタイミングでしたので、
ごく少量しか選ぶことが出来ませんでしたが
、それでもやはり訪れ直接色々とお話をお伺
いすることが出来てよかったです。小林さん
のお話から、新奇性や作家性から距離を置き
、日用雑器を作り続けることへの強い意思を
その優しい眼差しの中に感じることが出来ま
した。
鳥取市内中心部に移動し、鳥取民藝美術館へ
。鳥取民藝美術館•鳥取たくみ工芸店・たくみ
割烹という並びの三軒は鳥取民藝の象徴でも
あり、民藝の器が使いながら購入出来るとい
うテマヒマのお店のコンセプトのヒントとなった場所の1つでもあります。
現在、鳥取民藝美術館の展示は階上が鳥取古
民藝、階下が吉田璋也の新作民藝という構成
になっていて、階下の方では牛ノ戸の器を沢
山見ることが出来ます。新作民藝と言えども
随分時は経っている訳で、それでも時代を越
え全く古さを感じません。階上の古民藝の中
で、因久山焼の三彩皿を見ました。
なんと大らかで愛嬌がある器でしょう。染め
分け皿には白•緑・黒の3配色のものもありま
すが、吉田璋也のデザインのヒントにこの三
彩皿があったりするのでしょうか?どうなん
でしょう?

そして岩美町に移動して岩井温泉・岩井屋さ
んへ。こちらも約3年ぶり。民藝的な設えが
心地よい空間で、源泉掛け流しの(熱めの)お湯
でゆっくりさせてもらいました。
海の幸、山の幸をふんだんに使ったお食事も
美味しいのですが、ここでも牛ノ戸の器。
こうやって見ると存在感がありつつも、お料
理とも他の器ともうまく調和することが分か
りますね。

旅の続きはまた明日のブログで。

テマヒマは明日までお休みを頂いています。
明後日13日(金)11時オープンで皆様のお越し
をお待ちしてます。
それでは今日も好い一日を!

おはようございます。

暮らし、味わう。


民藝と発酵をモノサシに

食を通して暮らしの豊かさを提案する

古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ

今日から4連休。

プロデューサー,バイヤーの太田 準です。


昨日でゴールデンウィーク11連勤の営業終了

しました。5/3-5に3日間、高槻ポタスト(物

販とドリンクスタンドのみ営業)を挟みつつ

この間沢山の皆様にお越し頂きありがとうご

ざいました!


今年は、3年ぶりの行動制限のないゴールデン

ウィークということで、高槻で言えば、芥川

の鯉のぼりフェスやジャズストが開催されま

したし、各地の観光地で人出が戻ったり、渋

滞が起こったりというニュース映像を見まし

た。日常に戻ると言っても、コロナ前と全く

同じに戻るのではなく、「密」の回避とか無

くても、渋滞とか休日とはうまく分散出来た

らよいのにと個人的には思いますが、とは言

え、マスク着用や飲食店での席数制限を除け

ば、ほぼ日常に戻りつつあるのは喜ばしいこ

とです。


振り返ってみるとゴールデンウィーク時期は
色々な事件が起こってきました。
昨年のゴールデンウィークは、初めて店内を
全面ショップにする営業を試みたのですが、
その初日(正確には前夜?)に空き巣事件があ
りました。もう一年?まだ一年?早いような
随分前のような。
そして開店前の2018年のゴールデンウィーク
ぐらいのことですが、開店を予定していた、
西国街道沿いの場所がNGとなり、物件探し
が振り出しに戻ったという事件もおりました
ちなみにその元出店予定地にはアパートが立
ち、その道を隔てて前に立っていた金物屋の
金時堂さんは解体工事が進み、まもなく更地
になろうとしています(タイトル画像)。旧芥川
宿周辺の街の景色もどんどん変わっていきます。

4月を数字で振り返った際にも書いたことで

すが、ゴールデンウィークもコロナと関係なく営業出来たのは2019年のみ。もはや何が

常態なのかも分かりませんが、ゴールデン

ウィークの営業スタイルというのは未だに定

まっていません。まだ物件が決まってなかっ

た頃やコロナ初期に営業休止を決めた頃を経

験して、営業出来ること、お客様にお越し

けることが当たり前ではないことを実感、そ

れを有難いことだと考えられるようになったと思います。


来年どのような営業スタイルでいくのかは、
おそらく直前に決めることになるかとは思い
ますが、コロナが収束していること、マスク
のない暮らしが戻ってることを願ってやみません。

テマヒマは11連勤の後、本日より4連休を頂き
ます。

5/9 臨時休業
5/10 定休日
5/11 定休日
5/12 臨時休業


5/13(金)11時オープンで皆様のお越しをお待
ちしています。
それでは、今日も好い一日を!
おはようございます。

暮らし、味わう。

民藝と発酵をモノサシに
食を通して暮らしの豊かさを提案する
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

お店を営むということは、会員制とかでもな
い限り、基本お店は誰にでも開かれていて、
きっとお店を始めてなけれ出会うこともなか
った方ともお会い出来て、冷静に考えるとと
ても不思議なことです。

友人•知人でもそう。以前このブログでも確か
ご紹介しましたが、現在岡山に住んでいる高
校時代の同級生がお店に遊びに来てくれたこ
とがあって、高校卒業以来会うことが出来た
のもお店を始めてなかったら無かったと思い
ます。先日うちの奥さん(テマヒマ店主)の小中
学校時代のお友達がテマヒマにお越し下さい
ました。年賀状のやりとりだけになっていた
そうですが、それもお店を始めたからこそ会
えたのではないでしょうか?

昨日お越しになったお客様の中に、以前の住
人の方がお越しになってました。その方が住
んでた後2、3年使われていない時間を経て、
現テマヒマになったので、住んでらっしゃっ
のは今から6、7年前でしょうか?たまにお
店の前を通りがかって中をのぞくような感じ
だったり、スーパーとかでお会いしたら挨拶
したりする感じでしたが、テマヒマ店内に入
られたのは2度目。前回お越しになった時の
ことは痕跡という回で書きましたのでご一読
頂ければと思うのですが。
前後というタイトルで古民家リノベーション
のビフォーアフターをまとめたこともありま
したが、自分が住んでいた家、部屋をご覧に
なるというのはどんな感覚なのでしょうか?
九州出張に行った際、福岡では空き時間に、
自分が小学生時代住んでいた辺りをぶらぶら
してとても懐かしく思いましたが、住んでた
団地も外からは見れても部屋の中までさすが
に見ることは出来ないですからね。。。

テマヒマはゴールデンウィーク最終日、母の
日の今日も11時オープンで皆様のお越しをお
待ちしております。ランチのご予約状況です
が12時が2組で残り6席となっています。テイ
クアウトのご注文もありがとうございます。
それでは、好いモノ、好いコト、好いトキを
テマヒマで。今日も好い一日を!

おはようございます。

暮らし、味わう。

民藝と発酵をモノサシに
食を通して暮らしの豊かさを提案する
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

3日間開催しました高槻ポタストは昨日で終了
しました。お越し頂きました皆様ありがとう
ございました!
1日何度かはお客様が重なる時間帯はありまし
たが混み合うという程では無く、お客様のい
らっしゃらない時間帯もあったりして、全体
としてはお越しになった皆様がゆったりじっ
くりお選び頂けてるようで良かったです。中
にはインスタライブでしっかり予習した上で
お越しになった方もいらっしゃってとても有
難いことです。通販のお問合せも意識した上
でのインスタライブでしたが、今回は特にお
問い合わせもありませんでした。

3日間、ランチやカフェでお越しの方が沢山
いらっしゃいました。お店に入る前に黒板で
確認して踵を返す方、お店に入ってからアレ
っ??ってなる方。考え得るネット上の主だ
った所には告知したつもりですが、折角お越
しになったのに何だか申し訳ない気持ちで、
3日間何度申し訳ございませんと言ったことか
。折角お越しになったのだから中を少しのぞ
いて行かれてもよいとは思うのですが、ご興
味のない方にはご興味無いということでしょ
うか?
テマヒマブログでも毎月の実績報告の回で書いてきたように、特にコロナ以降売上の構造
などは大きく変化していますし、開店当初か
ら単なる飲食店ではなく、飲食や物販を通し
てお店が伝えたいことなど発信もしたりして
きましたが、まだまだ単なる飲食店としての
メージがまだまだ強いのだなぁと、踵を返
して行かる後ろ姿を見ながら感じていまし
た。少し寂しい気持ちにもなりつつ。

この3日間、高槻ジャズストリート、芥川の
鯉のぼりなど、高槻の街は沢山の人で溢れま
した。僕も高槻ジャズストにはお店終わりに
少しだけ参戦しました。そこで見た光景は、
マスクをしている以外はほぼ日常が戻ってる
という感じで、通りはかなり混み合っていた
ように思います。
3年ぶりに制限のないゴールデンウィークとい
うこので各地で人出も多かったようですね。
この後感染者が増えない、又は増えても医療
などに影響しない、といった状態になれば、
今もなお残る飲食店への人数制限(あくまで要
請レベルなのでテマヒマのようにみんながみ
んな遵守してないようには思いますが)も解除
されるでしょうか?世界各地でそうであるよ
うにマスク着用も不要になるでしょうか?(こ
れも他国のように義務では無いのですが)

営業時間終了後、今日からの通常営業に戻す
ための準備、片付けをていたら深夜となりま
した。出すより戻す方が時間がかかります。
まだ完全には終わってないので、これから開店までに何とか頑張ります。

今日も11時オープンで皆様のお越しをお待ち
しています。今日から3日間のランチは味噌
ベジキーマカレーセットです。普段は木曜日
限定メニューでなかなか召し上がれ無い方も
多いかと思いますのでこの機会に是非ご賞味
下さい。ランチのご予約状況ですが、11時半
が3組、12時が1組で残り5席となっています

それでは、好いモノ、好いコト、好いトキを
テマヒマで。今日も好い一日を!
おはようございます。

暮らし、味わう。

民藝と発想をモノサシに
食を通して暮らしの豊かさを提案する
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

昨年4月30日に亡くなられた立花隆さん。その
立花さんを取り上げたNHKスペシャル「見えた 何が 永遠が 〜立花隆 最後の旅〜」
を観ました。死への恐れについてこのブログ
でも何度か書いたことがありましたが、知の
巨人とも言われた立花さんが最後にどのよう
な死生観にたどり着いたのか?ということに
大変興味があったからです。

立花さんは亡くなる前に、墓も戒名も要らな
い、遺体はゴミとして捨てて欲しい、集めた
10万冊とも20万冊とも言われれる膨大な書籍
は古本屋に売って欲しいと周囲に伝えていた
そうです。

番組の中で、立花隆さんが語っていた印象的
な言葉がありました、
竹藪というのは、竹一本一本は地下茎で実は
繋がっていて、竹がある山はそれが1つの生
命でもある。同様に人間の知的な営みや知識
の体系も繋がっている。
立花さんはそれを「いのち連環体」と呼び、
限りある命が支えあってるとした上で、それ
が続いていくことを「いのち連続体」と呼ん
でいました。
そして竹藪のの竹の一本として、自分がど
うありたいか、どうあるべきかを考えさせら
れました。

1  広く学び続ける
立花さんは、知識というものが現在ますます細分化、断片化、専門化していることに警鐘
を鳴らし、総合化することが大事だと主張し
ていました。以前、井戸というタイトルでブ
ログを書いた時に、井戸に喩え、同じ場所(専
門分野)を掘り続けることで一般化•汎用化出来
ることがあるといったことを書きました。テ
マヒマでも民藝だったり発酵だったりをより
深く学ぶことで他に応用出来ることがあると
思いますが、それだけでなくそれ以外も含め
広く学びたい、繋ぎ合わせていきたい、そう
も思いました。立花さんは人間1人1人が学び
高めることにより教養人になる、自ら学び、
より高い知を求め、集積することで超人類・
超進化の域に達するのでは?と述べていたよ
うに思いますが、それは知を外部化するAI(人
工知能)とはまた違う方向性を志向しているよ
うに感じます。

2 伝え続ける
動物の場合、世代を越えて伝承される情報は
遺伝情報しかないが、ヒトの場合は、はるかに大量の情報が言語情報として伝えられてい
く、それは人間だけが獲得した新たな遺伝の
形式だ、という話がありました。ちょうど
近読み終わった「生物はなぜ死ぬのか」(小
林武彦)とシンクロするところがあっていずれ
それもまたブログで書きたいのですが、この
ことも僕には刺さる言葉でした。僕たち夫婦
には子供は居ないので遺伝的な意味では伝承
出来ないのですが、1で学んだ知識をまずは
いのち連環体の部分として、竹藪の竹の一本
として伝えるという役割を果たすことは出来
るかもしれません。よくこのブログでも書い
ているように、テマヒマはお買い物を楽しむ
場、お事や会話を楽しむ場としてだけでな
く、目的とは違った何か別のものをお持ち帰
り頂きたいと考えていますが、その一つはや
はり「知」なのだろうなと思います。

立花隆さんは最期、「無になる」という選択
をした、そんな心境に達したのではないか?
と番組ではまとめていました。インディオの
「人間は死ぬために生きているのだ」という
言葉や、立花さんの「人間は死すべき運命に
ある、それを自覚したときに乗り越えられる
」という言葉を紹介していました。周囲には
やりたいことをやり切れた、とも語っていた
と言います。立花さんが生きてらっしゃった
ら、この2〜3年のコロナ禍を、最近のウクラ
イナのことを、どのように見てどのように考
えるのか?聞いてみたい気がします。

ちなみに死への恐れということについて言え
ば、死の向こうに、死者の世界、霊界は無い
、意識も全く残らないと立花隆さんは言って
いましたので、残念ながら?解消したわけで
はないのですが。。。

高槻ポタスト2日目の昨日、お越し頂きまし
た皆様ありがとうございました。いつもお越
し頂く方、お久しぶりの方、初めての方、さまざまでしたが皆さんじっくりゆっくりお選
び頂けてよかったです。高槻ポタストも今日
がいよいよ最終日。11時オープンで皆様のお
越しをお待ちしてます。
それでは、好いモノ、好いコト、好いトキを
テマヒマで。今日も好い一日を!
おはようございます。

暮らし、味わう。

民藝と発酵をモノサシに
食を通して暮らしの豊かさを提案する
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

昨日は高槻ポタスト初日。お越し頂きました
皆様ありがとうございました!穏やかな時間
の中で皆さんゆっくりじっくりお選び頂けて
いたようで良かったです。思いつくあらゆる
ところでお知らせしていたつもりですが、そ
れでもランチをお目当てにお越しの方はいら
っしゃって申し訳ございませんでした。明日
までは物販とドリンクスタンドのみ営業とな
っています。

昨日インスタライブでも店内の様子をご紹介
しましたが、ブログでも。
それにしてもこれだけの物量、店内のどこに
あったんでしょう!?と驚くほどです。これ
だけまとめて見て頂く機会もそうはありませ
んので是非この機会に!

さて、昨日はお店を16:30に閉めて、3年ぶり再開の高槻ジャズストリートに参戦。お目当
ては高槻市立第一中学校で開かれているジャ
ンクフジヤマさん。
4年前のジャズストの時にも実はジャンクさん
について名前は伏せて書いていました。山下
達郎さんへの愛とお客様へのサービス精神に
溢れるライブパフォーマンスでした。達郎さ
んの80年代を彷彿とさせるジャンクさんのオ
リジナル楽曲、カッティングギター、そして
ヴォーカルスタイル。ライブ開始前から音合
わせで達郎さんカバーを披露して盛り上がる
など。達郎さんのライブでも聴かれる、曲の
メロディーに合わせて別のアーティストの詞
を載せて歌う場面では、ウルフルズ→アース
、ウィンド&ファイヤー→達郎さんと変化し
拍手喝采でした。
ジャンクさんが、「諭吉、新渡戸、野口♪」と
ソウルフルに歌い呼びかけていたように笑、
高槻ジャズストリートは全てのライブが無料
、そしてボランティアで運営されている為、
Tシャツなどグッズの売上やアーティストへの投げ銭が収益となっています。もちろん僕も
野口1枚ですが入れさてて頂きました。
コロナ禍で、オンライン配信のライブが急速
に増えました。僕自身は経験していませんが
その中には投げ銭システムを導入しているも
のもあるようですね。元々チップとかの習慣
の無い日本ですが、自分が好いと思ったもの
、感動したものに対して、それを表現する方
法の1つとして支払うというのは、新たな文
化として定着していけばよいですね。

テマヒマの玄関になぜかある時55円が置かれ
ていました。投げ銭ではなく笑、おそらくど
なたかがお忘れになってったものだと思いま
す。レジに入れるのも何なのでそのままにし
ています。そういうシステム?(どういうシス
テム?)とどなたかが別にお金を置いていった
りしないかなぁと思ってるのですが笑、特に
55円から増えていってはいません笑。

テマヒマは今日も11時オープンで、高槻ポタ
スト2日目、皆様のお越しをお待ちしておりま
す!
それでは、好いモノ、好いコト、好いトキを
テマヒマで。今日も好い一日を!