Articles

こんにちは。

高槻市にある、民藝の器、暮らしの道具、食
に関する古書のセレクトショップ、お味噌や
発酵食品中心のカフェ、テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

小池糀店さんのお話会の報告と時系列的には
前後してしまいましたが、木曜日はまいまい
京都さんの貸切ツアー、民藝と発酵のお話会
&ランチ会を開催しました。

会が終わった後、担当の方(前職の元同僚・後輩)から参加者の感想をシェアしてもらいまし
た。

抜粋すると

・興味のある民藝と発酵のお話が聞けて有意義でした。自分の暮らしを見直したい気持ちになりました。
•民藝とはの説明が心に刺さりました
•発酵料理、民藝について熱い思いを聞かせてもらって有意義でした。
•民藝や発酵に対する思いが伝わってきました。大事にしたい話でした!

といったお声がありました。

テマヒマのテーマとしている民藝や発酵の共通点や、現在のデジタル化・情報化•効率化
・画一化・均一化する社会の中、正解を求め
がち、答えを誰かに委ねがちな我々にとって
どうモノサシになり得るかといったお話。
多分に理念的、概念的な話だったのですが、
何か琴線に触れる、響くものがあったことが
あったら、やった甲斐があったと思います。

最初見た時に、お話よりもお食事を楽しみにして来られただろう少数のご意見が目に入っ
たのですが、総じて言えば好評だったようで
す。店主からもお一人でも響いてる人がいた
らいいのにこんなに沢山いらっしゃって素晴
らしいやんと言われました。全員にハマると
いうのは確かに難しいですしね。。。

開店以来、店主(うちの奥さん)がお味噌や発酵
食品についてお話会をすることはありました
が、僕が前に立つのは初めて。元同僚•後輩か
らの依頼で無かったらお受けしていなかった
と思いますが、やって良かったと思います。
お店に立っていて、お客様と深いお話が出来
そうな時にはお話しているようなことでもあ
り、このテマヒマブログでも書いてるような
ことではあるのですが、ここまでまとまって
ということは無かったので、準備の過程で頭
の整理が出来たことも良かったです。以前ブ
ログにも書いたように、組織論・マネージメ
ント論みたいな繋がることもあるので、お話
会やコンサルのご用命がありましたらお気軽
にどうぞ笑。

このまいまい京都さんのツアー、お申込みの
方多数で抽選もかなりの倍率だったそうです
。またご参加者の評価も高かったことから、
リピート開催のご要望を頂いています。先方
と現在相談中で、お話まとまりましたら再度
やるかもしれません。

ちなみに書きながら思ったのですが、刺さる
って言葉よく聞きますけど、響くとか琴線に
触れるぐらがいいですね。某有名マーケッタ
ーがよく使うぶっ刺さるって言葉もあまり好
きではないです。。。

テマヒマ間も無く、本日の営業終了します。
昨日、今日と、お客様が多い訳では無いが、
お客様が途切れることなく、また小さなお子
様連れの方の多い週末でした。お越し頂きま
した皆様ありがとうございました!

明日も11時オープンで皆様のお越しをお待ち
しております。ランチの11時半、12時のお時
間はご予約で残り4席となっています。

それでは、明日も好いモノ、好いコト、好い
トキをテマヒマで。
今日も一日お疲れ様でした!好い夜をお過ご
し下さい。
おはようございます。

高槻市にある、民藝の器、暮らしの道具、食
に関する古書のセレクトショップ、お味噌や
発酵食品中心のカフェ、テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

木曜日からランチの選べるお味噌は木曽の小
糀店の味噌玉製法によるお味噌が登場!そ
に合わせて、金曜日には小池糀店さの専務
唐沢裕之さんをお招きしてのお話会を開催し
ました。テマヒマでは食に関するイベントを
積極的に開催していますが、ワークショップ
が中心で、作り手のお話会というのは初めて
のこと。

お話会の前にランチを召し上がって頂いたの
ですが、テマヒマのランチのお味噌に関する
コンセプトを見抜いてお話会でお話しされて
いたのは流石!でした。カウンターでたまた
まお隣になった参加者の方に既にお話会が始
まりそうになったのは(いや始まっていたのか
)ちょっと笑ってしまいましたが、それほどに
唐沢さんのお話は引き込まれるものがありま
す。

糀作り、甘酒作り、お味噌作りのお話を時に笑いを交えながら熱を込めてして下さいまし
た。実直に昔ながらのモノ作りを続けてらっ
しゃるからこそ、どうしても食品業界や社会
の問題について、嘆き、憂い、怒り、そして
舌鋒鋭くなっていきます。その話はどれも共
感することばかりでずっと頷いていました。

特に心に残ったことを3つほど書いておきたいと思います。

1つは消費者の厳しい目が必要だということ
。日本酒の衰退と復活というお話の中で仰っ
ていたのですが、お酒だと、味にうるさいお
客様というのがいて、前よりも味が落ちただ
とかそういうことを言う/言われるので作り手
の方にも緊張感が生まれる。それがいいお酒
を作りたいというモチベーションにも繋がっ
ていくといった話で、果たしてお味噌は?と
いうところなのですが、売る→買うの一方通
行でない環境があれば、モノ作りを向上させ
るのではないか?と思います。これって他の
品種や業界にも言えるように思います。昨日
お越しの工務店さんにもそんなお話をしてい
ました。

小池糀店さんは明治12年(1879年)創業で現在
6代目。経営理念として
•良質で安全な原材料
•原材料の良さを最大限に引き出す製造工程
•消費者から見て生産者の顔が見える流通
•古くからある良いものの伝承
ということを掲げてらっしゃいます。
2つ目に心に残ったのは、適正なビジネスの
規模ということ。この経営理念で言えば顔が
見える流通。無理のある規模を追求すると、
流通にも無理が出て、添加物の問題だったり
出汁入り味噌みたいなものが生まれると。「豆腐は旅をさせるな」とか言うでしょと。
唐沢さんはコミュニティという言葉も使って
らっしゃいましたが、これも色々なことに通
底すると思います。

3つ目はすんきの話。木曽には、小池糀店さ
んの他に、2軒の造り酒屋があったり、独特の
乳酸発酵の漬物「すんき」があって、発酵の
町とも言われています。健康効果などが言わ
れ、最近すんきはとても人気になってるそう
。ただ問題が起こってるそう。すんきは赤蕪
の葉や茎を使うので、蕪本体は捨てられるよ
うになってしまってるそう。ここからは僕の
想像ですが、すんきは元々、蕪を余すところ
なく使いたいという想いから捨てられがちだ
った葉や茎を漬物にしたのでは?と。それで
その逆が起こってるとしたら皮肉だなぁと。
ブームみたいなものって罪だなぁ、先程の適
正規模にも繋がりますが、サスティナブルで
ある為にはバランスも重要ですね。

唐沢さんのお話の内容、キャラクターもあっ
てとても盛り上がり、また参加者の皆様もご
興味のある方ばかりでメモを熱心にとり、質
問も活発にされてました。お陰様でとても良
い会になったかと思います。
唐沢さん、ご参加者の皆様、ありがとうござ
いました!

一点、僕自身反省があります。
今回のお話会、関西よつ葉連合会さんでも小
池糀店さんのお話会があり、それに合わせる
ことで偶然実現したものです。よつ葉さんの
参加費に合わせて500円としたのですが、皆さ
んに誤ったメッセージが伝わってしまったのでは?と反省しています。勿論500円という
設定の内容では全くなくもっともっと価値の
あるものです。キャンセルポリシーを設けな
こともあって、直前のキャンセルや無断欠席
が普段よりも起きてしまったのは本当に残念
なことでした。

今回こういう形式のお話会は初めてのことで
したが、また何か企画出来ればと考えています。

テマヒマは今日も11時オープンで皆様のお越
しをお待ちしております。

それでは、好いモノ、好いコト、好いトキを
テマヒマで。今日も好い一日を!
工房波音さんを講師にお迎えしての「簡易金継ぎワークショップ」も隔月開催が定着して参りました。毎回大変ご好評頂いておりますが、今回で通算16回目のご案内です。

「簡易金継ぎワークショップ」
日本には「金継ぎ」という、器の割れた部分を漆で接着し、金や銀で継ぎ目を装飾する伝統的な修復技法があります。伝統的な金継ぎは高い技術と時間が必要ですが、合成樹脂など身近で手に入るものを使った「簡易金継ぎ」であれば、気軽に自分の手で器を修復することができます。

このワークショップでは、時間内で完結できる簡易的な金継ぎを体験していただきます。
•漆でかぶれる心配がない
•早く乾く
•扱いやすい
という長所を持つ簡易金継ぎで、器を修復する方法を知っていただき、壊れても直すことができるという安心感と、自分の手で直して器が生まれ変わる喜びを感じていただけたら幸いです。

<使用材料>
合成漆(主成分にうるし科の植物の天然樹脂を使用した無鉛塗料)、真鍮粉、錫粉、合成樹脂(エポキシパテ)、接着剤他

<注意事項>
・金継ぎ後の器はオーブン、電子レンジ、食洗機での使用はお控え下さい
・安全性の高い材料を選んでおりますが合成塗料であるため、気になる方は直接口に触れる部分などへの金継ぎは避けて下さい
・ガラスや粉々に砕けたもの、直火にかけるものには金継ぎができません

■開催日時
2024年7月14日(日)
14:00~16:30
(進捗により延長の場合あり)

■開催場所
テマヒマ
〒5691123大阪府高槻市芥川町3-10-13
Tel/Fax 072-655-3259
Mail temahimaselect@gmail.com

■定員
6名
※人気の為今回から1名増員致しました。

■参加費
5700円(税込) 

■お申込方法
メール・公式LINE・電話にて先着順。
その際、
①お名前
②ご連絡先お電話番号
③経験有無
※フェイスブックの参加予定ボタンではお申込みとはなりません!

■持ち物
・欠けやヒビのある陶磁器1~3点または割れた陶磁器1点(本体合わせて3片までのもの)
※状態により時間内に仕上がらない場合があります。
※金継ぎする器をお持ちでない方にはこちらでご用意できます(小皿1点300円)
・持ち帰り用の箱やタッパー、固定用テープ
※完全に乾いてない状態でのお持ち帰りになるため、金継ぎしたところに触れないよう器よりひと回り大きいものをおすすめします。また、箱の中で器を固定するためのテープがあると安心です。
・汚れてもいい服装、または気になる方はエプロン

■お直しのご依頼について
ワークショップご参加の方を対象にお直しのご依頼(ご相談)も承ります。ご希望の方は、現物もしくは大きさや破損状態が分かる画像をご持参ください。

■キャンセルポリシー
6/7(日)以降のキャンセルにつきましては、キャンセル料として参加費同額を頂戴致します。

■講師ご紹介
工房波音 杉本圭太
器に限らず、暮らしの中にあるモノを手をかけながら永く使い続けることを大切にしています。傷ついたり壊れたりした陶磁器を金継ぎするとその部分が味わいとなり、より愛着を感じられます。壊れても直すことができるという安心感、大切なモノを永く使い続けられる喜び。器のお直しやワークショップを通じてその魅力を伝えていきたいと思っています。

※ワークショップ後に簡易金継ぎの材料セットの販売を予定しています(参加費とは別)。

おはようございます。

高槻市にある、民藝の器、暮らしの道具、食
に関する古書のセレクトショップ、お味噌や
発酵食品中心のカフェ、テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

冒頭に書いたように、簡易金継ぎワークショ
ップは隔月開催となっていて、1ヶ月前に告知
しているので、当日はその様子をSNSでアップ
しているので結果毎月何らか金継ぎのことを
書いてることになります。

前回、キャンセルが発生してしまい、キャン
セル待ちがお二人での申し込みだったので、
講師の圭太さんに相談して一名増員で開催し
ました。何とか運営出来ましたので、今回よ
り一名増員をデフォルトにしました。時間内
に収まるかどうかは、お持ち込みになる器の
数や難易度によりますので、当日まで分から
ないのですが。。。

という訳でお申込みお待ちしております!

テマヒマは今日もこの後11時にオープン致し
ます。昨日一昨日とお話会がたまたま続いて
イレギュラーでしたが、今日は通常営業。
皆様のお越しをお待ちしております。

それでは、好いモノ、好いコト、好いトキを
テマヒマで。今日も好い一日を!
おはようございます。

高槻市にある、民藝の器、暮らしの道具、食
に関する古書のセレクトショップ、お味噌や
発酵食品中心のカフェ、テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。
2021年6月施工の改正食品衛生法は国際規格
HACCP(ハサップ)に沿った営業許可の取得が
義務化され、3年間の経過措置が終わったので
、今月から厳しく運用されるようになり、例
えば農家が自宅で漬物を作ってるような場合
だと対応出来ず廃業に至るかもというニュー
スを少し前に見ました。

上のリンクも同様の記事ですが、記事による
と法改正のきっかけは2012年に北海道で起き
た白菜の浅漬けが原因でO157の感染が広がり
8人が亡くなったことだったそう。漬物で食中
毒なことってある??と思ったら、記事の最
後に食品微生物学の教授が「塩分濃度が低い
物が好まれるようになり、微生物の制御が
十分で食中毒の発生リスクが増した」と述
てちょっと納得。

少し前に聴いた(配信は2年前ぐらいですが)、
発酵デパートメント小倉ヒラクさんのポット
キャストの中でも、秋田のいぶりがっこの話
でしたが同様の問題提起をしていました。
ハサップの考え方を厳格に運用すると蔵付き
の菌とかは悪になってしまう。そもそも現代
的な食品衛生や保存、保存料の概念と発酵と
は相性が悪い、前者は時計の針を止める考え
方、後者は腐敗しないように発酵に寄せなが
ら時計の針を進める考え方と仰ってました。

アメリカでも食品衛生は厳しくて、発酵関連
の著書の多いサンダーキャッツ氏も、果たし
それで暮らしは豊かになるのかと問題提起
ているそう。ヒラクさんは公園の遊具に喩てました。公園のブランコ→怪我する→や
よう→野原になる→野球やろう→ボール当る→危ない→やめよう→走るぐらいなら→
こける→危ない→やめよう。。。その公園は
誰が幸せになるんだっけ??

遊具の話は極端な例としても、実際に起こっ
てることで、コンプライアンスが声高に叫ば
れ、萎縮した現代社会を象徴する事例のよう
にも思います。昔ながらの個人のお漬物屋さ
んがきちんと存続出来れば良いのですが。。

でも、発酵を暮らしに取り入れる(取り戻す?)
ことで、暮らしや思考を変えられるのでは?
という想いでテマヒマを営んでいます。
というお話を木曜日にさせて頂きます。どこ
までお話するか出来るかは迷い中ですが、お
申込み頂いてる皆様ありがとうございます!
お越しをお待ちしております。

ところで、ハサップ対応。テマヒマとしては
何しないといけないんだろう??苦笑

テマヒマは今日もこの後11時オープンで皆様
のお越しをお待ちしております。人気の串カ
ツメインのランチメニューは今日までですが
ご予約はお2組のみで残り11席とお席にかな
り余裕がございます。ご予約無しでもお席ご
案内出来るかと思います。

それでは、好いモノ、好いコト、好いトキを
テマヒマで。今日も好い一日を!
おはようございます。

高槻市にある、民藝の器、暮らしの道具、食
に関する古書のセレクトショップ、お味噌や
発酵食品中心のカフェ、テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

サラリーマン時代に身についた「誰に」「何
を」「どのように」というフレームで考える
のは今も変わらないのですが、無店舗から有
店舗に変わると、「どこで」という切り口も
加わります。どの切り口から考え始めるかは
そのお店のシチュエーションやそもそもの思想によると思います。マーケティングとブラ
ンディングはそもそもは対立概念ではありま
せんが、「誰に」や「どこで」から考え始め
るのはマーケティング寄り、「何を」から始めるのはブランディング寄りと単純化すると
テマヒマは勿論後者です。マーケットインVS
プロダクトアウトと言ってもいいのかもしれ
ませんが、モノというよりモノを通して得ら
れるコトやトキやココロを重視してるので、
敢えてプロダクトアウトとは言いません。

一昨日、次回メニューの試作試食会の後、展
示替えの合間に、近くに半年前ぐらいに出来
たTearoom 17さんにお茶しに行って来ました
。一級建築士さんとインテリアコーディネー
ターさんお二人の建築事務所・紙とえんぴつ
さんが営されています。お2人とも一度テマ
ヒマにお越し下さったこともありいつか行き
たいと思っててやっと行けました。
建築士事務所が手掛けただけあって素敵な心
地良い空間。カフェでは島本の岡村商店さん
の包子や高槻のあん小屋どらサンのどら焼き
が食べられたり、隣の一階のケーキ屋さんの
ケーキを選んで(持ってきてもらって)食べれた
り。建築士さんは自分達では作れないからと
謙遜されてましたが、1箇所で色々楽しめて嬉
しい。僕らはcoconomiさんのケーキをチョイス。

建築士さんと色々お話していて学びがありま
した。うちの奥さん(テマヒマ店主)の「どんな
お家を建てる時が1番テンション上がりますか
?」という質問に対して少し間をおいて「ご
家族が例えばリビングで団欒してるシーンと
かが浮かんだら(浮かぶような設計が出来たら)
」という回答が。
自宅新築の設計って究極に「誰に」から始ま
るお仕事かと思いますが、「何を」というの
が、建物のテーストや間取りとかでは無く、
その空間から得られる”暮らし”への眼差しが
あるのが素晴らしいなと思いました。テマヒ
マで民藝の器、暮らしの道具を販売している
時に、その作り手の話、技法だけで無く、ど
のように使うか使えるか=ご自身の感性で自
由に使って欲しい、という話もしていますが
、食卓のシーン、家族の会話まで見えるよう
だとなおいいなと。深めの角鉢を見た女性(
育ち盛りのお子様がいらっしゃる)が唐揚げ入
れるのにいい!と仰って選んでいましたが、
その角鉢を家族が囲んで、唐揚げに手が伸び
るシーンまで想像してらっしゃったのかもし
れません。それってただ器を買ってるので
無く、少し先の暮らしの豊かさ、幸せを買っ
てるとも言えますよね。そんなお話が出来る
ようになれれば。。。

設計士さんはこうも仰ってました。「確かに
施主はご夫婦ですが、そのお子さんにとって
はそのお家が実家になるので、お子さんを意
識しています。」
自宅を建てるというのは人生でおそらく一番
高いお買い物。そしてその自宅は長い時間住
み続けるもの。子供がそこで育ち、いずれ離
れ、また実家として戻ってくる、そんな長い
スパンで見る/考えるのってまた素晴らしい
なと思います。テマヒマで販売している器が
、家庭で使われ、いつか実家の器となる。な
んだかワクワクしますね。テマヒマでたまに
若いお客様が民藝の器に手が伸びるのを見て
、お話を聞いてみると実家に民藝の器があっ
たと仰ることが多いです。実家を離れそうや
って継承されていくというのもまた素晴らし
くワクワクします。

そんな続いていく暮らしのお手伝いをしてい
ければと改めて思います。

テマヒマは今日も11時オープンで皆様のお越
しをお待ちしております。ランチのご予約は
3組のみで残り8席とお席に余裕がございます
。ご予約無しでもお席ご案内出来るかと思い
ますが、お子様連れの方、3名以上の方はご
予約頂いた方が確実かもしれません。

それでは、好いモノ、好いコト、好いトキを
テマヒマで。今日も好い一日を!

ちなみに、紙とえんぴつさんのホームページ
コチラ↓

Shop&Room  店舗について | 紙とえんぴつ一級建築士事務所

​&​記憶に残る空間づくりを心がけています。​​569-1123  大阪府高槻市芥川町1丁目7-7  2F  072-604-1154  contact@kamitoenpitsu.com​​ ミニマルなデザインでていねいな暮らしを手掛ける設計事務所が提案する紅茶の時間​香り高い紅茶を手軽にライフスタイルの一部に​​​​​​ ​​ハンドドリップでていねいに淹れる紅茶​香り高き紅茶と共にゆったりとした時間をお過ごしください。​紅茶を飲みながら気軽に何でも相談できる場所​​ずっと共に一生付き合えるデザイナーとの空間づくり​素材感にこだわったシンプルで飽きない長居したくなる空間をデザインします。​何もすることがなくても居心地の良いのんびりと​過ごせる空間をつくり、今まで気にしてなかった時間や季節を感じれるような場所をお住まいになる方と一緒につくりたいと考えています。​家づくりに関わること、不動産も含めた総合相談窓口​豊かな時間が過ごせる住まいをデザインします。​​大学卒業後、インテリアメーカーにて現場実務を経験。​神戸元町の設計事務所アトリエブルーにて店舗設計デザインを学ぶ。その後、西宮の工務店にて住宅建築に携わる。直近は           に勤務の後、​紙とえんぴつ一級建築士事務所&Tea Room17を共同主催。​​デザイン学校在学中にインテリアコーディネーター取得、​       を勤務の後​、​紙とえんぴつ一級建築士事務所&Tea Room17を共同主催。​「紙とえんぴつ一級建築士事務所」は京都出身の二人でやっております。 建築士として、インテリアコーディネーターとして、tea room17のスタッフとして​イベント情報​創業をお考えの方将来創業を考えている方​何から始めれば?のお話が聞ける店舗お披露目会です。もちろん住宅のご相談も可能ですのでお気軽にご予約ください。​Tea Room 17の紅茶やRailside Cafeの軽食も楽しむことができます。​2024年 5月14日(火)​11:00~20:00​場所:高槻市大畑町5-4 プリンスハイツ2階                     ※池田泉州BKの隣​                     JR摂津富田駅北口より徒歩2分​​​&​​今月のスケジュール​アクセスマップ​569-1123  大阪府高槻市

紙とえんぴつ一級建築士事務所




おはようございます。

高槻市にある、民藝の器、暮らしの道具、食
に関する古書のセレクトショップ、お味噌や
発酵食品中心のカフェ、テマヒマ
火曜日水曜日は定休日!
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

昨日、新型コロナウィルス感染症特別利子補
給制度事務局(中小企業基盤整備機構)さんから
お知らせが来ました。

開店の際、古民家リノベーションにかかった
費用を政策金融公庫から借入ましたが、コロ
ナ禍で新型コロナウィルス感染症特別貸付に
2年前に借り替えたました。その低利息の特別
貸付は利子補給助成金(3年分)とセットとなっ
ていて、実質無利子と言われていたのですが
、先般繰延返済したことにより、利子補給の
対象貸付が消滅したということで、約 1年分の
金額を返還するようにという内容でした。
利子補給分って金額にしたらそれほど大きく
無かったのだと気付きつつ、速攻で振込ました。

日本政策金融公庫と中小企業基盤機構は別会社・別組織なのに、きちんと連携されていて
いるんですね〜。当たり前と言えば当たり前
ですが。明朗、明朗笑。

その点、政治家の裏金問題。それに伴う政治
資金規制法改正のゴタゴタの酷いこと、醜い
こと。。。きっと有権者を舐めてるんでしょ
うね?日本以外だったらおそらく確実に政権
交代が起こるレベルかと思います。

これでコロナ融資も完済。お客様のご来店状
況についても、コロナの(直接的な)影響はもう
無くなってるのではと思います。

テマヒマは昨日今日火曜日水曜日で定休日。
明日11時オープンで皆様のお越しをお待ちし
ております。

それでは明日も、好いモノ、好いコト、好い
トキをテマヒマで。今日も好い一日を!
こんばんは。

高槻市にある、民藝の器、暮らしの道具、食
に関する古書のセレクトショップ、お味噌や
発酵食品中心のカフェ、テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

Googleで検索しようと思ったら、検索下の記
事のせいで、無駄な時間をGoogleに取られた
り、何調べるんだったっけ?とかってことに
なることが多いですが、そんな中にイラスト
を見て何に見えるか四択で選ぶとあなた自身
が分かるというのがやたら表示されます。
今朝の日本経済新聞の記事(上のリンク)の中の
二択。

「料理をする際の手順について聞きます。あなたは強いていえばどちらのタイプですか?」
A「何を料理するかを決めて、必要な材料を買いに行く」
B「冷蔵庫にある手持ちの材料を確かめ、何をつくるか決める」

僕の場合は基本Bかなぁ。ケースバイケースで
すけど。ちなみに諸事情により(分かる人には
分かるかと思いますが)現在は蒟蒻がいっぱい
あって蒟蒻をどう料理しようと日々考えてい
ます。

Aはまず目標を決め、そのために必要な資金や
技術や人脈などの経営資源を獲得しようと
る目標主導(goal-driven)タイプで、Bは
持ちの資源を最大限生かそうとする手段主
(means-driven)タイプ。起業家や新規事業
向きなのはBタイプ。テマヒマブログ初期に
山下達郎さんの論を使って、仕事の仕方をシ
ンガーソングライター的とプロデューサー的
と書いたことがありましたが、それぞれ目標
主導と手段主導とほぼイコールと考えても。
手段主導、臨機応変な思考様式を「エフェク
チュエーション(実効理論)」と経営学の世界
では言うそうです(初めて知りました)。

タイトルの新規事業がつまずく理由として、
この記事では計画や予測の過剰とその拘束を
挙げています。自分自身の過去の経験で言え
ば、新規事業として立ち上げても既存事業と
と同じモノサシで測られポシャってしまった
ということもありました。

テマヒマブログでも過去にPlan→Do→Check
→ActionのPDCAサイクルでは無く、Observe(観察)→Orient(状況判断)→
Decide(意思決定),→Act(行動)の時代だとい
う記事だったり、
PDCAが、計画や評価偏重でPdCaになってし
まって実行や改善に手が回らない、行動が軽
視されなくなっている、という記事だったり
をご紹介してきました。

このあたり、テマヒマがモノサシとする民藝
や発酵「的」な考え方で説明出来るのでは?
と考えていますが、もし企業の中にいたまま
だったら気が付けなかった、「目標ありき」
に染まっていたままだった、と思います。

テマヒマも6年目で、もはや新店、新規事業
では無いのでしょうけど、目的はあっても、
相変わらず目標(金額)は無いままです。軸は
ブレること無く、でも柔軟に、臨機応変に進
んでいきたいと思います。

今日は通常のランチ営業はありませんでした
が、薬膳講座ご参加の皆様、カフェやショッ
プ利用の皆様ありがとうございました!通販
のお問い合わせもありがとうございます。

テマヒマは明日明後日は火曜日水曜日で定休
日です。明々後日11時オープンで皆様のお越
しをお待ちしております。

それでは木曜日も好いモノ、好いコト、好い
トキをテマヒマで。

今日も一日お疲れ様でした!好い夜をお過ご
し下さい。おやすみなさい。
おはようございます。

高槻市にある、民藝の器、暮らしの道具、食
に関する古書のセレクトショップ、お味噌や
発酵食品中心のカフェ、テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

木曜から始まった、牛ノ戸焼メイン特集或い
はミニ個展。ご好評頂いておりまして、お買い上げ頂きました皆様ありがとうございます
!お取り置きや通販のお問い合わせもありが
とうございます!
牛ノ戸焼の染め分けは、医師で鳥取の新作民
藝のプロデューサー吉田璋也の指導によって
生まれたということはよく知られたところで
す。元々は伊羅保釉×黒釉だったものが、緑釉
×黒釉になったことで格段にモダンにスタイリ
ッシュになり、90年近く経った今も古びるこ
とがありません。そして新作民藝の、鳥取民
藝のシンボル、アイコン的な存在となっています。
ちなみに今回の特集にはその伊羅保釉の器も
2点のみですがございます。
梅文もまた牛ノ戸焼の代表的な柄の一つ。
早々に旅立っていってしまい、残りはタイト
ル画像の徳利が残ってるのみですが。

先日鳥取に行った時に、鳥取民藝美術館の学
芸員さんから興味深いお話をお伺いしました
。吉田璋也が牛ノ戸焼窯元を指導した際、当
時描いていた柄の中で止めさせたものもあっ
たとのこと。柄を絞り込むことによって、そ
の一つ一つの柄を描く回数が増え、精度が上
がる効果を狙ったもの。新作民藝とか、吉田
璋也プロデュースとかって言うと、新しいモ
ノを産み出すというイメージがありますが、
絞る、削る、というディレクションもまた創
作だなぁと思います。

ビジネスにおいても、日々決断の連続、積み
重ねですが、何をやるかと同じぐらい、何を
やらないかを決めるのも重要ですよね。テマ
ヒマももちろんそうで、特にコロナ禍には、
お店としての存続の為に色々なことを考えま
したが、でもそれはやらないということも多
くありました。役職とかは重要では無いです
が、恥ずかしげもなく笑、自らを一応プロデ
ューサーと名乗ってるので、改めて絞る勇気
も要るなぁとも。

テマヒマは6月初日の今日もこの後11時オープ
ンで皆様のお越しをお待ちしております。ラ
ンチの11時半、12時のご予約は5組で残り4席
となっています。
それでは、好いモノ、好いコト、好いトキを
テマヒマで。今日も好い一日を!
おはようございます。

高槻市にある、民藝の器、暮らしの道具、食
に関する古書のセレクトショップ、お味噌や
発酵食品中心のカフェ、テマヒマです。

昨日は、今日からの牛ノ戸焼き特集或いはミ
ニ個展に合わせての店内の展示替え(店主は仕
込みや買い出し)の合間を縫って、西真上に最
近出来たirotohimaというお店にランチに行っ
てきました。地元の方なら、元熱帯食堂があ
またところと言ったら分かるかもしれません
。実はテマヒマのオープニングスタッフで、
中心的なメンバーだったヒロコさんが娘のマ
ユさんと一緒に始めたお店。ご自分のお店を
やりたいというヒロコさんの長年の夢が実現
しました。マユさんのご主人はフィギュアス
ケートの織田信成さんで、某ローカルwebメデ
ィアで織田信成プロデュースと書かれていま
したが誤報だとのこと。ご家族ですから、関
わったり応援はしてらっしゃるとは思います
が。開店に合わせて遠く関東からお越しの信
成さんのファンがいらっしゃったそうなので
、まさに推し活ですね。
お料理は、洋食プレートと和食プレートから
選べるのですが、どちらも品数も多くボリュ
ーム満点!ヒロコさんは家庭の味ですと謙遜
気味に仰ってましたが、丁寧に作られている
のが分かって、家族のことを思って作る本当
の家庭料理だと思います。ちなみに店主(うち
の奥さん)が和食プレート、僕が洋食プレート
を選びました。
近くにランチを食べられるお店は無いそうで
、特に宣伝とかはしてないのに地元の方が既
に結構いらっしゃってました。きっと地元に
愛されるお店になっていくだろう予感。

ランチの後には、もちろん!?スイーツも注
文させて頂きました。
ランチもスイーツも美味しかったです。ごち
そうさまでした!
お祝いのお花は、今回もご近所芥川商店街の
大阪農園さんにお願いしましたが、irotohima
さんの店内はお花でいっぱいでした。

長年の夢をかなえての開店、おめでとうござ
います!ヒロコさんをはじめ元メンバー、仲
間が色々活躍されているのは嬉しいですね。
アドバイス出来ることもあるかと思いますの
で、何なりと仰ってくださいとLINEで伝えて
おきました。

ちなみに店名は、ヒロコさんのお孫さんのお
名前にちなんでいます。

さて、今日から始まる、牛ノ戸焼特集、準備
が整いました。
以下、案内文です。

江戸時代末期から続く牛ノ戸焼は、昭和初期
、新作民藝を牽引した吉田璋也に見出され指
導を受けます。そして生まれた緑と黒の染め
分け皿は鳥取民藝のアイコン的存在とも言え
、モダンで今見ても古びることがありません
現在は六代目の小林孝男さん、七代目の遼司
さん親子が作陶されています。のどかな景色
の中で生まれた大らかな器は健やか。先日選
ばせて頂いた牛ノ戸の器を2年ぶりにメイン特
集でご紹介します。緑×黒、緑×白、黒×白の染
め分けや梅文の定番柄だけでなく、テマヒマ初登場ものの多くございます。是非お手に取
ってご覧下さい。皆様のお越しをお待ちして
おります!

牛ノ戸焼や新たにお取り扱いの始まった倉敷
緞通に関連して、掛け分けの器やマルチスト
ライプの器を近くに配しました。

テマヒマは今日も11時オープンで皆様のお越
しをお待ちしております。ランチの11時半、
12時のお時間はご予約で残り10席とお席にか
なり余裕がございます。

それでは、好いモノ、好いコト、好いトキを
テマヒマで。今日も好い一日を!

こんにちは。

高槻市にある、民藝の器、暮らしの道具、食
に関する古書のセレクトショップ、お味噌や
発酵食品中心のカフェ、テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

「苗字から名前に変わる時」
恋愛の話では無く、テマヒマ新メンバーの話
。まずは自己紹介をお願いします。

「はじめまして。
新メンバーとしてチームテマヒマに加入しま
した、ヒトミと申します。
数年前、お味噌の量り売りというキーワード
でテマヒマに出合いました。元々発酵食品好
きなのもあって通い続けているお店のスタッ
フとして働けること、嬉しく思っています。
お味噌汁、ぬか漬け、あんこ、豆皿が好きで
す。
いただいたご縁を大切に、皆様のお越しをお
待ちしております。
どうぞよろしくお願いします。」

ご本人によれば最初にテマヒマにお越しにな
ったのは2019年の4月だそうで、開店から半
年からの常連のお客様。先月スタッフ募集に
ご応募頂き新メンバーとして加わりました。
お客として通っていたお店の店員になるとい
うのはどんな感覚でしょうか?これまでは苗
字でお呼びしていましたが、チームテマヒマ
ではお互いを下の名前で呼ぶルールですので
、呼称が変わりました。お互いもしかしたら
まだ気恥ずかしい感じかもしれませんが、き
っと慣れていくことかと思います。

出勤初日に、まずはお仕事に慣れて欲しいこ
と。一方で外部の目線を持っている今だから
こそ気がつける改善点も教えて欲しいことを
お伝えしました。常連のお客様だったからこ
そ、中の人になって気がつくことがあるので
は?と期待しています。

そして、1年半強一緒にやってきたスタッフのなつみさんが昨日最終出勤日でした。なつみ
さんからも一言頂きました。

「皆さま、こんにちは。
テマヒマスタッフのなつみです。
私事ですが、5月末でテマヒマを卒業すること
になりました。
一昨年からスタッフとして、たくさんの出会
い、学びと喜びに溢れた時間を過ごさせてい
ただきました。本当に幸せでした。  
準さん、智子さん、スタッフの皆さま、テマ
ヒマを通して出会った全ての皆さまの幸せと
健康を願っております。本当にありがとうご
ざいました!」
なつみさんは、最も新しいメンバーで最若手
でしたが、シフト的には1番入って頂いて、
我々夫婦や他のメンバーからの信頼も厚く、
昨日ぬか床作りワークショップにご参加下さ
った常連のお客様からも別れを惜しむお声を
頂くほどの存在でした。お世話になりありが
とうございました!なつみさんの新しい世界
が素晴らしいものでありますように。

6月からメンバーの入れ替えがあるテマヒマ
ですが、変わらずご愛顧頂ければ幸いです。
そしてテマヒマが、変わらないことを大事に
しながら、変わっていくことを楽しみにして
います。

それでは6月からも、好いモノ、好いコト、好
いトキをテマヒマで。
今日も好い一日を!
おはようございます。

高槻市にある、民藝の器、暮らしの道具、食
に関する古書のセレクトショップ、お味噌や
発酵食品中心のカフェ、テマヒマ
火曜日水曜日は定休日!
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

前回のブログ「好人」の続き的な感じな?ブ
ログを。

サラリーマン時代、ファッションジャンルを
担当していたので、ビームスの設楽社長の言
葉で頭に残っていることがあります。確か繊
研新聞で読んだと思うのですが、「気づきの
タイムラグ」という言葉。
改めてネットで調べてみたら、上の図が見つ
かりましたが、ファッションのトレンドが三
角形の上から順に伝わっていく、下に行く程
人数が増える、(書いてはいないですがおそら
く)下にいくほど価格帯が下がるという考え方
。イノベーター理論(下図)とかとも共通する考
え方かなと思います。
ファッション感度に限らず、情報感度とか他
のことにも当てはまる、応用出来る考え方か
とは思います。

通販会社に勤めていたので、少し違う捉え方
をしていました。当時(今も?)カタログ販売
というのは、モニターカタログを作って需要
予測をしていたりして、企画制作〜販売開始
までに時間がかかっていたので、この情報伝
達の時間差を価格差で販売すようなビジネ
スモデルでは無いかと。なので、トレンドだ
ったり情報だったりをいかに早く気がつける
かというのが重要なのかと考えていました。
時間を短縮することでトレンドを取り入れる
か、或いはトレンドとは違う切り口を探すか
。時間を短縮する試みはあって、自分が関わ
ったところだと、雑誌社とのコラボやこのブ
ログでも何度かご紹介してるwebショップもそ
うだったと思います。一方、ファッションが
より細分化したり、ネットやSNSもあって上か
ら下への情報伝播のスピードが速くなったり
して、限界がきているのかなと思います。そ
れはカタログからネットに主戦場を移せばい
い話では無く、開発の作法自体を変更する必
要があるのかもしれません。

テマヒマがテーマとしている、民藝や発酵と
いうものが流行とかとは無縁のもの、無縁で
あるべきもの、といったことをこのブログで
も書いていました。流行となると流行はいつ
か終わってしまうものであり、そうでは無く
常に当たり前にある、あって欲しいから。時
の流れがますます速くなる現在にあって、民
藝や発酵が身近にあるというのは健やかさを
保ってくれると思います。ファッションが前
述の通り、どこか時間の流れに抗ったり、戦
っている感覚があるのに対して、民藝や発
って、時間を信じたり、時間を味方にする感
覚がある、最近そんな気がしています。時間を信じる、時間を味方にする、というのは、
ともに小倉ヒラクさんがどこかで書いたり話
してたりした言葉かと思いますが、なかなか
の名言。昨日ぬか床作りワークショップを開
催しましたが、ぬか床作りとか、手前味噌作
りとかって、待つ楽しみがあって、独特の時
間感覚があります。今度のまいまい京都さん
のお話会ではそんなこともお話出来ればと思
います。

テマヒマは今日明日火曜日水曜日で定休日で
す。木曜日11時オープンで皆様のお越しをお
待ちしております。
今日は荒天予報ですが、お店にこもって、木曜日からの牛ノ戸焼特集の準備をする予定で
す。皆様好い一日を!

写真はブログ内容と直接関係ありませんが、
昨日のぬか床作りワークショップの一コマ。
おはようございます。

高槻市にある、民藝の器、暮らしの道具、食
に関する古書のセレクトショップ、お味噌や
発酵食品中心のカフェ、テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

日経新聞の夕刊の「私のリーダー論」。先週
今週連載されたビームスの設楽社長のインタ
ビュー記事を興味深く読みました。
命令や指示をするだけではリーダーは人の心
を動かせない。リーダーの役割はモチベーシ
ョンをデザインすることと仰ってて、サラリーマン時代のマネージメント職の時も、小さ
なお店を少人数で営む今も同様に考えている
ので大きく頷いてました。組織論は心理学だ
!とまで言い切るのは凄いですけど。

記事の中で以下のような時代認識が語られています。
「1990年代まで消費者の関心は服などのモノが中心でしたが、2000年代に入ると旅行やテーマパークなどの『コト消費』に移りました。約10年前からは、消費者の関心がコトからヒトに向かっています。
このテマヒマブログやテマヒマのSNSで、好い
モノ、好いコト、好いトキを、と書いています。モノ消費、コト消費に続くものとして、
トキ消費が言われていましたが、設楽さんは
さらに「ヒト消費」だと。代表例としては
アイドルなどの”推し活“を挙げていますが、
セレクトショップは、生活そのものを扱って
いると言え、お客様と同じ目線の生活者の代
表のような(ビームスの)社員1人ひとりの個性
豊かなライフスタイルに共感し、同好のコミ
ュニティ(仲間)として支持していますと仰って
います。

2014年に出版され僕も買ったBEAMS AT 
HOME(タイトル画像)もそんな文脈だったのか
と今さらながらに気が付きますが、ビームス
という企業やブランドを支持するというより
その社員、その社員の暮らしぶりのファンみ
たいなことって確かにある気がします。商品
ということではお店ごとに大きな違いが無くなってる今、何を買うかよりも、誰から買う
かが大事になっていますね。

店を営んでいて、消費されることへの抵抗感みたいなことをよくこのブログでも呟いてい
る気がしますが、一面消費であることは否め
ないので、ヒト消費ということも意識してお
いた方が良いですね。ビームスという大きな
組織でさえそのメンバーの個を前面に出して
いこうとしている訳ですから、自営業•個人店
ならなおさら。さすがに好いノ、好いコト
、好いトキ、好いヒトって自で言うのは小
っ恥ずかしいので言わないでが笑。我々夫
婦だけで無く、スタッフの個性を活かす、ス
タッフ個々が活躍出来る環境を作るというこ
とは、これまでも意識していましたが更に意
識していきたいと思います。

ビームスのファニカレーベルが、ファッショ
ンに興味のある人を民藝へと橋渡しした功績
というか貢献というかはあると思いますが、
そのテリー・エリスさんと北村恵子さんとが
独立して立ち上げたMOGI(まだ行ったことは
無くていつかは行ってみたいのですが)が短期
間に有名になったのは元ビームスというのも
ありますが、ビームスの○○では無く、○○
という「個」を(設楽さん言うところの)スター
として推してきたからというのもあるのでし
ょうね。

テマヒマは今日も11時オープンで皆様のお越
しをお待ちしております。ランチの11時半、
12時のお時間はご予約で残り4席となっていま
す。カフェのご予約もありがとうございます

それでは、好いモノ、好いコト、好いトキを
テマヒマで。今日も好い一日を!