記号

おはようございます。


暮らし、味わう。
食のセレクトショップ&カフェ テマヒマ
大阪高槻で古民家再生中!
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。


テマヒマ•ブログ 新聞の回で
サラリーマン時代新聞の切り抜きをしてて
今はしてないと書きましたが
いつの頃からかまた切り抜きしてます。
選ぶ記事は変わりましたが。
日経新聞のヒットのクスリというシリーズが
最近では面白いです。


博報堂は”社会記号”と呼んでいますが、
おひとりさま、インスタ映え、女子力、
コスパ、婚活、癒し系、リア充など
潜在的にある個々の現象を言語化(記号化)する
ことで、消費を促すようになると。

(記号消費)


年始に見た番組の中でLGBTの人が
LGBTという言葉のおかげで
性的少数者への認知が広まったが
逆にLGBTとはこういうものという

固定観念がついて逆に

その言葉が邪魔をすることがある

といった趣旨のことを言ってました。


柳宗悦が、名もなき工人の手から

生み出される暮らしの道具に

地域の風土や生活に根差した健やかな美を

見出し、工業化の中で失われつつある

手仕事の豊かさ、ライフスタイルを提案する

上で民衆的工芸=民藝という記号を作った

ことは重要だったと思います。

しかし民藝という枠、型が色濃くなり過ぎる

と邪魔をすることもあるのでは?と。

工藝風向の高木崇雄さんも仰っていましたが

本来民藝運動自体は、保守的なものではなく

内容もその活動方法も革新的なもの

だったはずなのに。


テマヒマという店名は手間暇という

一般名詞を片仮名にしただけで

新たな言葉でも記号でもありませんが

単なる店名だけでもないなぁと。

という話もいずれ追々と。


記号と言えば?テマヒマのロゴも・・・

という話もいずれ追々と。


0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

テマヒマは、高槻市にある、 民藝の器、暮らしの道具、 食に関する書籍のセレクトショップ、 みそソムリエの作る発酵食品中心のカフェです。 食を通して暮らしの豊かさを提案しています。 「暮らし、味わう」 高槻市にお越しの際は、 築90年の古民家をリノベーションした 隠れ家的空間で、 器や暮らしの道具のお買い物、 ランチ、スイーツをお楽しみ下さい。 Since 2018.10.01