一人

こんにちは。

高槻市にある、民藝の器、暮らしの道具、食
に関する古書のセレクトショップ、お味噌や
発酵食品中心のカフェ、テマヒマ
12/24-1/3は年末年始休み!
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

年内営業を23日に終え、24日25日と益子に
仕入れの旅に行ってしました。テマヒマにお
越し下さったり、百貨店などの個展などでお
会いしたりしてはいるものの、益子を訪れる
のは2年8ヶ月ぶりでした。クリスマスイブ、
クリスマス、年末の気忙しいタイミングにも
関わらずお時間頂きました、濱田友緒さん、
島岡桂さん、伊藤丈浩さん、ありがとうござ
いました!特に濱田家の皆様はクリスマスの
夜にも関わらず、お食事をご一緒頂き、美味
しくも楽しい時間となりました。写真はその
時の猪鍋。ブログタイトルの一人とセットで
一人鍋っぽいですがこの時は5人鍋でした。
タイトルと画像は関係ありません。
作り手のもとにお邪魔すると、お仕事や作品
のことに限らずお話しは多岐に渡ります。身体のこと、体調や健康のことになりがちなの
は僕も含め皆さんお年頃なのでしょうがない
として笑、雑談の中からお人柄や考え方が伝
わってくるので、やはり貴重な機会に思います。

今回の益子旅だと、濱田窯さんや島岡桂さん
は職人さんやお弟子さんと一緒にお仕事され
ていて、伊藤さんはお一人でお仕事をされて
います。お話ししてると改めて、体制という
か環境によって仕事の仕方が違ってくるなぁ
と改めて感じました。民藝において個人作家
、民藝作家って?みたいな話ではなく純粋に
働き方の話として。

職人さんやお弟子さんがいるということは、
一人で仕事をするより、格段に作れる量が変わってきます。ただそれには指導や育成とい
う労力が必ず伴います。そしてそれ以上に、
その職人さんやお弟子さんが辞めた時の影響
というのが大きい。つまりその時の体制や人
に左右される面が大きいということですね。
一人でお仕事をするということは、そういっ
たストレスから離れるということでもあるの
だなぁと。少し違うかもしれませんが、ある
木工の作り手はお弟子さんをとってお弟子さ
ん教える時間さえも惜しく作り続けたいとい
うことを仰っていました。体が資本であるの
は変わらないですが、一人でのお仕事はより
健康が大事ということもありますね。

テマヒマでは開店以来スタッフの方と一緒に
営んでいて、基本は我々夫婦とスタッフ一人
の3名体制です。経営的なことを言えば、雇用
無しで夫婦二人で営む方がよいのかもしれま
ん。もっと言えばどちらが別の収入源を持ち
ながら一人で営むカフェも世の中には沢山あ
って、コロナ禍真っ最中なんかはきっとその
方が楽だったと思います。でも一人より二人
、二人より三人の方が楽しい。スタッフの皆
さんと一緒だから出来ること、我々夫婦だけ
では出来ないことがいっぱいあります。会社
組織を離れたのは組織で働くことが嫌だった
り向いてなかったからではありませんでした

今晩は、スタッフの皆さん全員集合で、チームテマヒマの忘年会です。

テマヒマは1/3まで年末年始お休みを頂いてい
ます。1/4 11時オープンで皆様のお越しをお
待ちしております。1/4-1/8は初売り蔵出し
市です。
また今回仕入れさせて頂いた器は
1/11-22 濱田窯特集
1/25-2/5 島岡桂特集
としてミニ個展並みボリュームでご紹介予定です。

それでは、今日も好い1日を!

0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

テマヒマは、高槻市にある、 民藝の器、暮らしの道具、 食に関する書籍のセレクトショップ、 みそソムリエの作る発酵食品中心のカフェです。 食を通して暮らしの豊かさを提案しています。 「暮らし、味わう」 高槻市にお越しの際は、 築90年の古民家をリノベーションした 隠れ家的空間で、 器や暮らしの道具のお買い物、 ランチ、スイーツをお楽しみ下さい。 Since 2018.10.01