急変

おはようございます。

1月1日の夜、父・太田滋正が亡くなりました
。昭和14年2月3日生まれなので84歳でした。

12/31、1/1と吹田の実家で過ごしていました
が、父親が入院していた彩都友紘会病院から
1/1に電話があり、昨日から酸素マスクをつけ
始めたとのことでした。実家を後にしてお見
舞いに行ったのが14時過ぎぐらい。マスクで
は無くチューブで酸素を送っていました。
「しんどい?」って聞いたら、「うん」と。
実家で弟が親父のラグビー選手時代のアルバ
ムを見つけてそれを見たでって話をして、聞
いてないのかと思ってたら、「それで?」っ
て。それで?って言われても苦笑。貧乏揺す
りが癖でしたが、病院のベッドの中で膝を立
てて揺すっていました。いつものように別れ
際にまた来るわなって言って病室を出ました

高槻に着いてあるお店さんとお話ししてる時
に能登の地震が発生。最初自分がふらついて
るのか?とも思いましたが、高槻でも結構揺
ました。地震の被害状況がニュース映像で
明らかになるにつれ心が痛みます。2018年に
高槻直下の地震がありましたがその時のこと
を思い出しつつテマヒマに行って無事を確認
しました。

夜10時ぐらい弟から、病院から呼び出しがあ
ったと電話がありました。そこから駆けつけ
ましたが病院に着いた時には既に息を引きと
っていました。死亡診断時刻は23:25でしたが
実際はもう少し前でした。病院は緩和ケアと
いうか所謂終末医療で、その日が来るのを覚
悟してはいたのですが、昼間会話らしきもの
を交わせていただけに急変というか、急な展
開にちょっと気持ちがついていけてなかった
です。昼間病院から帰る際に看護師さんから
いつその時がきてもおかしくないようなこと
は言われましたが、僕だけで無くその看護
さんもまさか今晩とはと驚いてる様子でした

10月に下血して病院に駆けつけた時から3ヶ月
、もっと言うと2022年末の緊急入院・手術か
ら1年超。よく頑張ったと思います。元ラガー
マンの基礎体力もあったでしょうか。ラグビ
ーをやってたということは父親にとって誇り
だったり自慢だったりかなりコアな部分だっ
たように感じます。

最後に、病院の先生、看護師の皆様、お世話
になりました。前にも書きましたが看護師さ
んには人気だったようです。おそらく苦しむ
ことなく逝くことが出来たと思います。あり
がとうございました。

父親のことについて、いずれまたこのブログ
でも書くこともあるかと思いますが、取り急
ぎご報告まで。

明日から始まります初売り!蔵出し市につい
てですが、明日は予定通りですが、5日(金)は父の葬儀の為、臨時休業とさせて頂きます。
ご予定されてました皆様申し訳ございません
。当初予定より1日減って、4、6、7、8日の4日となりますが、皆様のお越しをお待ちして
おります。

それでは、三ヶ日最終日、皆様好い1日をお過ごし下さい。

というわけで、今日のブログは、実家で見つ
かった父親のアルバムから写真多めで今日は
お届けします。何歳くらいの写真なんだろ?

0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

テマヒマは、高槻市にある、 民藝の器、暮らしの道具、 食に関する書籍のセレクトショップ、 みそソムリエの作る発酵食品中心のカフェです。 食を通して暮らしの豊かさを提案しています。 「暮らし、味わう」 高槻市にお越しの際は、 築90年の古民家をリノベーションした 隠れ家的空間で、 器や暮らしの道具のお買い物、 ランチ、スイーツをお楽しみ下さい。 Since 2018.10.01