美山

おはようございます。

暮らし、味わう。

民藝と発酵をモノサシに
職を通して暮らしの豊かさを提案してする
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ
本日は水曜日で定休日!
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

昨日は、美山かやぶき美術館で開かれている
グループ展民藝と想うに行ってきました。
兵庫•京都•岡山の作り手による8/18-10/18と
いう長期に渡る展示会で、テマヒマでもお取
り扱いのある前野直史さん、河井一喜さん、
河井達之さん、小島優さん、須浪隆貴さんも
参加されています。行きたいと思いつつやっ
行けたのが会期末ギリギリ。週末毎に実演
やワークショップ、お話会が多数企画されて
いてどれもとても魅力的な内容です。週末は
そんなで賑わっていますが、昨日は平日だっ
たのでお客様もほとんどいなくて、のんびり
とゆったりとしていました。茅葺き屋根の素
敵な古民家空間の中で見る手仕事の数々はさ
らに素敵に見えました。実は500点を超える
品々があるのですが広い空間でゆとりをもっ
て陳列するとそんな風には見えないですね。
今週末まで開催されていますので、機会があ
れば是非。
この民藝と想うの特筆すべきことは、そのイ
ベントを動画撮影しYouTubeで配信したり、
アーカイブしていること。遠く来れない人へ
の配慮と同時に記録として残すことの意義。
会を中心的に運営されている前野直史さんが
SNSで書いてらっしゃったことを抜粋すると

“この会はただ会場で作品の展示販売を行うだ
けではなく我々自身の仕事の将来や、今は未
だ出会っていない未来の仲間たちも視野に入
れて動いています。

それにしても藤井佐知さんでも笹倉徹さんで
もはるかに偉大な先輩方について何か調べよ
うとするとネット上の情報の少なさに改めて
驚かされます。
なんでも調べられるかのように思いがちなネ
ットの膨大な情報ではありますがやはりその
情報の価値と、質量のバランスは非常に偏っ
ていると言わざるを得ません。
例えば藤井佐知や笹倉徹で検索するよりも自
分の名前のほうがたくさんの情報が見つかる
と、これはやはり異常なことだと言わざるを
得ないと思うのです。
ではどうするか、必要な情報は自分たちが書き加えてゆけば良いのです。
何かに本当に価値があると信じるならば埋れさせることなくそこにきっちり光をあてるしかありません。”
スティーブ•ジョブズの
「いくら素晴らしいものをつくっても、伝えなければ、ないのと同じ」
という言葉ではないですが、テマヒマの開業
以来、好いモノをお届けしたい、安心安全でココロとカラダに良いお食事をご提供したい
好いお店や場を作りたいという思いとともに
それを発信する、伝えるということにも力を
入れてきました。それ必要で間違っては無
いですし、続けていくことですが、逆にオン
ライン上の情報と、オフラインの内容とが乖
離のないよう、お店の内容を充実させていく
質と量と高めていかねばと思います。

民藝と想うを観た後は、その前野直史さんの
工房へ。後で調べたらお邪魔するのは開店前
に行って以来約2年半ぶりでした。色々なお
話をしながら器も何点か選ばせて頂きました
。また届きましたらインスタなどでもご紹介
していきたいと思います。ちなみにインスタ
で伝わりやすい器と実際に見て触ってみて初
めて伝わる器とがやはりあって、前野さんの
器は後者のように思います。
前野さんの工房にお邪魔する前に、かやぶき
の里を散策していたのですが、そこでスタッ
フ(で前職同期)のご夫婦とバッタリ会うとい
うビックリな偶然もありました。

10月より火曜日水曜日を定休日に変更しまし
たので今日もお休みです。明日11時オープン
で皆様のお越しをお待ちしております。尚、
木曜日金曜日とランチは限定メニューの味噌
キーマカレーセットとなります。
それでは、今日も好い一日を!

0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

「暮らし、味わう。」 テマヒマは 民藝と発酵をモノサシに 食を通して暮らしの豊かさを提案する 古民家セレクトショップ&カフェです。 味噌ソムリエの店主がテマヒマかけて作る 発酵食品を中心としたカフェ、 テマヒマかけて作られた暮らしの器・道具、 食に関する書籍を販売しています。 古民家を改修した隠れ家的空間で、 ランチ、スイーツ、お買い物を お楽しみ下さい Since 2018.10.01