雨負

おはようございます。

暮らし、味わう。

民藝と発酵をモノサシに
食を通して暮らしの豊かさを提案する
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

チャゲ&飛鳥の♪天気予報の恋人は、
君の愛は信じてる
天気予報くらいにね
という出だしから始まりますが、発表された
当時と違って、今の天気予報はめちゃくちゃ
当たります。
昨日も天気予報通り、一日中雨でした。

コロナのこの状況に加え雨天。。。と思って
いましたが、昨日は雨ニモカカワラズ(最近に
しては)沢山の皆様にお越し頂きありがとうごとうございました。イートイン(ランチ、カフ
ェ)、テイクアウト、お買い物合わせて(最近に
ては)久しぶりに売上もよくてホッ。(最近に
しては)を連呼していますがコロナで売上のベ
ースが下がってるので、いつも通りでもすご
くよく感じますし、お越し頂けることへの感
謝も増します。

タイトル画像は閉店時にアップした画像。右
に写っているのは宮沢賢治作、柚木沙弥郎画
の雨ニモマケズ。
この絵本の巻末には、宮沢賢治の弟のお孫さ
んによるエッセイが載っているので、少しご
紹介したいと思います。

宮沢賢治の代表作とも思われるこの雨ニモマ
ケズですが、お祖父さんによるともともと作
品として書かれたものでは無く、手帳の中に
書かれていた”祈り”だったそうです。

そしてそのお祖父さんは、”行って”という言葉
が大事だと教えてくれたそうです。
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ

手帳の原文では北ニ。。。のところにも赤鉛
筆で行ッテと書かれていて入れるか入れない
か躊躇した跡があったそう。
賢治にとって、知恵や知識があっても行動し
なければ(法華経を実践しなければ)意味がな
い、行動するということがこの”行って”に込め
られていると書かれていました。

こちらの絵本、昨年の東北旅で、テマヒマに
お越しになるお子様用にと思い、盛岡の光源
社さんで購入したものです。お子様だけでな
く、大人の方ももしご覧になられたい方は、
お声がけください。
今日も生憎天気予報は雨ですが、テマヒマは
11時オープンで皆様のお越しをお待ちしてお
ります。ご予約状況ですが、ランチの12時が
3組、テイクアウトが0(ゼロ)組となっていま
す。予約無しでもご案内出来るかと思います

それでは、好いモノ、好いコト、好いトキを
テマヒマで。今日も好い一日を!

0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

「暮らし、味わう。」 テマヒマは 民藝と発酵をモノサシに 食を通して暮らしの豊かさを提案する 古民家セレクトショップ&カフェです。 みそソムリエの店主がテマヒマかけて作る 発酵食品を中心としたカフェ、 テマヒマかけて作られた暮らしの器・道具、 食に関する書籍を販売しています。 古民家を改修した隠れ家的空間で、 ランチ、スイーツ、お買い物を お楽しみ下さい Since 2018.10.01