五感

おはようございます。

暮らし、味わう。

民藝と発酵をモノサシに
食を通して暮らしの豊かさを提案する
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

昨日は、ランチやカフェ、テイクアウト、シ
ョップにワークショップと、沢山の皆様にお
越し頂きありがとうございました。ランチで
満席や売り切れのためお断りしてしまってし
まった皆様申し訳ございませんでした。


昨日は手前味噌作りワークショップ開催日で

した。お一人で参加の方、ご夫婦で参加の

方、お子様が助っ人参戦してくれた方。皆さ

ん楽しんでお味噌作りをされていました。


全5回開催の三回目折り返し。味噌ソムリエの

店主(うちの奥さん)に店内自主開催2年目と

なった今年、昨年と何か変えたり違ったりし

てることある?って聞いたら、

「去年もそうだったけど、今年はさらに五感

を使う、ということを伝えてる」

とのことでした。


お味噌作りが終わった後の質問コーナーでよ

く出るのが「いつになったら食べられますか

?」というもの。

「夏を越して、味見をしてみて美味しいと思

ったら食べごろ。その後の発酵・熟成による

味の変化も楽しんで下さい」と答えています

。発酵の進み方もそれぞれのお味噌毎に違い

ますし、どれぐらい発酵が進んだお味噌を美

味しいと感じるかも人それぞれ。


うちの奥さんの通っていた鳥取の岩井窯の料

理教室でも房江先生は大匙何杯とかではなく

感覚を大事にするよう仰ってたそうです。


先日読み終わった、料理家の土井善晴さんと

政治学者の中島岳志さんとのWEB対談を活字

に起こした「利他と料理」。とてもいい本だ

ったのでいずれまあテマヒマブログでもご紹

介したいと思うのですが、その中で、土井善

晴さんも「いい加減」という言葉をよく使っ

てます。そしてレシピについて、「レシピを

意識した途端に、人間という生き物は感覚所

与(五感)を使わなくなるんです。なにかに

依存すると感性は休んでしまうようです」と

述べていて、レシピや料理に限らず、なるほ

ど当てはまることだなぁと思います。


お味噌作りを通して、五感を使う、五感を大
切にすること、まで伝えることが出来たら、
とても素晴らしいことですね。特に、オンラ
イン上でも使う視覚、聴覚以外の、味覚、触覚、嗅覚を。もちろん楽しみながら。
さて、本日よりご案内の通り、ランチにおばんざいセットのメニューが復活致します。お
味噌汁の選べるお味噌に登場するのは、岡山
のまるみ麹本店さんの糀みそ、まるみそ。約
1年3ヶ月ぶりの再登板。製造の多くの工程で
備長炭を使っているこだわりのお味噌で、麹
の量が多いのに塩味もしっかりしたお味噌
す。

そのお味噌を知ったきっかけとなったある若
い女性との出会いについて、テマヒマブログ
純粋の回で書いていますので、よろしければ
ご一読ください。

ホールスタッフ(僕)がお味噌の説明でもし備長

炭仕込みで甘味と塩味のバランスの取れたお

味噌です、という説明を仮にしたとしても、

先入観なく、ご自身の味覚、五感をフルに使

ってご賞味ください。お楽しみください。


今日も11時オープンで皆様のお越しをお待ち
しております。本日のご予約は12時がお1組し
かなくお席に余裕しかありません。ご予約無
しでもご案内出来るかと思います。本日から
バレンタイン特別企画ということで、3日限定
、15個限定で味噌フォンダンショコラが復活
いたします。こちらも是非お楽しみください
それでは、好いモノ、好いコト、好いトキを
テマヒマで。今日も好い一日を!

0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

「暮らし、味わう。」 テマヒマは 民藝と発酵をモノサシに 食を通して暮らしの豊かさを提案する 古民家セレクトショップ&カフェです。 みそソムリエの店主がテマヒマかけて作る 発酵食品を中心としたカフェ、 テマヒマかけて作られた暮らしの器・道具、 食に関する書籍を販売しています。 古民家を改修した隠れ家的空間で、 ランチ、スイーツ、お買い物を お楽しみ下さい Since 2018.10.01