温暖

おはようございます。

暮らし、味わう。

民藝と発酵をモノサシに
食を通して暮らしの豊かさを提案する
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

風邪をひいた時に発熱するのは、体に侵入し
たウィルスや細菌などが発熱させるわけでは
なく、有害なものが体に入ってくることで、
免疫細胞が反応して伝達物質を出し、その伝
達物質が体温調節中枢に伝わり、寒気がして
筋肉が震え体内の熱生産量が増えることによ
るもの。免疫機能が高い体温でよりよく働き
ウィルスは高温環境で増殖しにくいため、
私たちにとっては有利、侵入者にとっては不
利となります。(小児科医森戸やすみさんによ
る記事から一部引用)

コロナのワクチンについて詳しいわけではあ
りませんが、副反応として熱が出るというの
はおそらくじメカニズムだと思うので免疫反
応としては当然なように思います。
免疫力をつけるためには体温を上げた方がよ
いというのもよく言われるところですね。
という前提でいたものですから、昨日日経新
聞朝刊で読んだこの記事はかなり驚きました
。リンクを貼っておきますのでよろしければ
ご覧頂きたいのですが、要約すると、地球温
暖化により、気温上昇に耐えられる、高温で
も増殖出来る病原体が生まれ(た)可能性、「
体温の盾」を破る恐れがあるという仮説です

今回のコロナでもウィルスが次々と変異して
いくことをまざまざと見せつけられています
が、人類の体温が急に変化するわけはありま
せんから結構怖い話ですね。地球温暖化の影
響がそんなところにも出るのかと驚きました
2ヶ月前に、害虫というタイトルで書いたブロ
グで、奇跡のリンゴの木村さんの「土の学校
」から抜粋してご紹介しました。

虫が大発生するのは、大発生する理由があるのです。虫や病気は原因ではなく、あくまで結果なのです。虫や病気が蔓延したからリンゴの木が弱ったのではなく、リンゴの木が弱ったから虫や病気が大発生したのです。虫や病気は、それを教えてくれていたのです。
コロナの蔓延は原因ではなく結果なのでしょ
うね。人間の活動が自然や地球に影響を与え
それが温暖化に繋がり、疫病の蔓延に繋がる
、全ては繋がってるのでしょうね。
当面はコロナへの対応が必要ですが、根本的
には人間活動そのものの変容が迫られている
のかもしれませんね。我々が出来る身近なこ
とは何でしょうか?

昨日は週末と思えないほど静かな店内でした
。お越し頂きました皆様ありがとうございま
した。今日も11時オープンで皆様のお越しを
お待ちしております。ランチのご予約状況で
すが12時に2組で残り10席とお席にかなり余
裕がございます。
それでは、好いモノ、好いコト、好いトキを
テマヒマで。今日も好い一日を!


0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

「暮らし、味わう。」 テマヒマは 民藝と発酵をモノサシに 食を通して暮らしの豊かさを提案する 古民家セレクトショップ&カフェです。 みそソムリエの店主がテマヒマかけて作る 発酵食品を中心としたカフェ、 テマヒマかけて作られた暮らしの器・道具、 食に関する書籍を販売しています。 古民家を改修した隠れ家的空間で、 ランチ、スイーツ、お買い物を お楽しみ下さい Since 2018.10.01