一貫

おはようございます。

暮らし、味わう。

民藝と発酵をモノサシに
食を通して暮らしの豊かさを提案する
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

昨晩、お店の営業終わりで、日本民藝館のオ
ンライン講演会、柳宗悦の美の宗教〜美の法
門への道〜を聴講しました。
講師の松井健さんの著書、民藝の機微、民藝
の擁護、は読ませて頂いていて、このブログ
でもご紹介していました。
松井健さんは、柳の著作や論文を丁寧に読み
込み、それを組み立てていくという手法をと
られているので、柳のそれを数冊しか読めて
ない僕にとっては有り難く、頭を整理したり
気づきがあったりします。

柳の人生を、若かりし頃の”宗教哲学”の時代、民藝を見出し民藝という言葉を作って以降の
“民藝”の時代、戦後、「美の法門」(1949年 柳宗悦60歳)以降の“美の宗教”の時代(仏教美学の時代)、の3つに大別出来るが、松井さん
によると、柳は「私の念願」(1833年)でも
述べているように宗教真理を探究していきた
いと考えていて、西洋美術→民藝と興味関心
が変わっていっても一貫していた。民藝以前
、宗教哲学者として著している中に既に、後
半の美の宗教時代の考えが見られて一貫して
いる。その一貫性があったからこそ、民藝を
見出すことも出来ただろうし、朝鮮併合や沖縄の言葉についても主張したのだと松井さん
は仰っていました。

宗教と言うと少しひいてしまう感覚があって
、それはお金が絡む感じがするから、団体感
があるから、ということをみうらじゅんさん
の言葉を借りて書きました。柳の言う宗教は
一般的は宗教とは全く違うものだと松井さん
は仰っていて昨日の講演の後半はそういった
内容だったかと思いますが、またアーカイブ
配信を聴いて勉強したいと思います。

ちょうど雑誌民藝の最新号は「妙好人と民
藝」でじっくり読みたいと思いますし、妙好
人について知った阿満 利麿さんの「美の菩薩」も読み返してみたら違うかもしれませんね。
昨日は、週末にしては珍しく、ランチタイム
に完全に集中していました。お越し頂きまし
た皆様ありがとうございました。満席の為お
断りしてしまった皆様申し訳ございませんで
した。
今日も11時オープンで皆様のお越しをお待ち
しております。ランチのご予約状況ですが、
11時半が1組、12時が3組で残り2席となって
います。
それでは、好いモノ、好いコト、好いトキを
テマヒマで。今日も好い一日を!

0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

「暮らし、味わう。」 テマヒマは 民藝と発酵をモノサシに 食を通して暮らしの豊かさを提案する 古民家セレクトショップ&カフェです。 みそソムリエの店主がテマヒマかけて作る 発酵食品を中心としたカフェ、 テマヒマかけて作られた暮らしの器・道具、 食に関する書籍を販売しています。 古民家をリノベした隠れ家的空間で、 ランチ、スイーツ、お買い物を お楽しみ下さい Since 2018.10.01