浮上

こんばんは。

暮らし、味わう。

民藝と発酵をモノサシに
食を通して暮らしの豊かさを提案する
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ

昨日今日は火曜日水曜日で定休日!

プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

先週の日帰り東京出張では
①柳宗悦と朝鮮の工芸展@日本民藝館
②鈴木大拙展@ワタリウム美術館
③柳宗悦の心と眼展@韓国文化院ギャリーMI
④催事•銀座手仕事直売所@松屋銀座
という道程で回っていました。
日本民藝館の「柳宗悦と朝鮮の工芸」展は、
その副題に陶磁器の美に導かれてとあるのと
は裏腹に、陶磁器だけでなく絵画や木工品な
どとともに展示されていて、それが立体的に

魅せることになり、浮かび上がってくるようで、とても良かったです。柳が民藝(という

言葉はまだなかったですが)に目覚めるきっ

かけになった浅川伯教から贈られた白磁染付

面取壺もさり気なく置かれてて。

最近骨董市に行っては什器やインテリアを見

ていますが、より空間を心地よく素敵にとい

想いと同時に、販売している器も相乗効果

で浮き上がってくればいいなぁと思っています。

併設の漆絵・螺鈿・卵殻貼の仕事、芹澤銈介

の特集もとても惹かれました。西館(旧柳宗

悦邸)が公開日だったのもラッキーでした。


ランチを挟み、次の次に行ったのが四谷にあ

る韓国文化院ギャラリーMI。「朝鮮とその藝

術」刊行100周年ということで、日本民藝館所

蔵の柳宗悦の朝鮮関連資料、貴重な肉筆原稿

やスケッチなどが展示されていました。中で

も館内で流れているアーカイブ映像がよくて

、柳やバーナードリーチが、川を渡るのに籠

が椅子になったような乗り物(名前をメモり忘

れました)運ばれてる様子が映されていました

が、その前後で韓国の当時の風景や風俗が写

っていてそれがとても興味深かったです。


思えば、日本民藝館の前回の沖縄の展示でも

モノクロ写真で、当時の生活シーンが切り取

られていて、その写真と一緒に見ることで、

民藝館所蔵の沖縄のモノが、モノとしてだけ

でなく、生き生きと浮かび上がって見えてく

る気がしました。


例えば自在鉤が分かりやすいと思うのですが

用の美的に生まれたものが、用から離れ、モ

ノだけで、モノそのものの造形的な美しさが

あるということも、もちろんあるのですが、

それがどう使われていたか、使われていた当

時の様子が分かることで、さらによく見える

こともあると思います。


開店当時のテマヒマは、結構、テーブルコー

ディネイト的な陳列とかもやっていましたが

店頭に出す商品量が増えるに従って、スペー

ス的余裕がなくなり、今ではほぼ無くなって

しまい、インスタでたまにやる程度です。

モノ、モノ、モノだけでなく、コーディネー

トや「編集」を意識したものにも回帰したい

なと思ったりもしています。

と言いつつ、明日9/22(木)から、


4周年直前!蔵出し&新着市4DAYS


です。昨日今日で準備もほぼ完了しました!

モノ、モノ、モノのすごいボリュームで皆様

のお越しをお待ちしております!


それでは好い夜をお過ごし下さい。


浮かび上がってくるということからブログタ

イトルを「浮上」としましたが、明日からの

蔵出し市で浮上のきっかけになればいいなと

思います。

0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

「暮らし、味わう。」 テマヒマは 民藝と発酵をモノサシに 食を通して暮らしの豊かさを提案する 古民家セレクトショップ&カフェです。 みそソムリエの店主がテマヒマかけて作る 発酵食品を中心としたカフェ、 テマヒマかけて作られた暮らしの器・道具、 食に関する書籍を販売しています。 古民家をリノベした隠れ家的空間で、 ランチ、スイーツ、お買い物を お楽しみ下さい Since 2018.10.01