北欧

おはようございます。

暮らし、味わう。

民藝と発酵をモノサシに
食を通して暮らしの豊かさを提案する
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

昨日の日本経済新聞朝刊、NIKKEI THE STYLE
の中でJAPNDIの暮らしという特集があって興
味深く読みました。日本風(Japanese)×北欧風
(Scandinavian)でジャパンディというインテリ
アスタイル。簡単に言うと自然素材を作った
シンプルなスタイル。海外メディアてでは、
「禅の精神」を持ち出すことも多い。2017年
頃に使われはじめたそうですが(知らなかった)
ほとんど普及していないそう(やっぱり笑)。

北欧と和、あるいは北欧と民藝の相性の良さ
は常々感じてるところですが、この記事では
日本と北欧の融合したインテリアスタイルの
実例を紹介しつつその背景を深掘りしていま
した。和に北欧を取り入れる人、北欧の感覚
から和と向き合う人。共通するのは、無駄を
削ぎ落とす、余白を大事にする、古い物を大
切にする、自然との調和。そして日々過ごす
場所をより豊かにしようとする熱意。

北欧建築•デザイン協会理事の塚田耕一さんに
よると北欧5カ国の共通価値観として、手工芸
やシンプルな暮らしを大切にすることがある
と言います。1950年代に黄金期を迎えた北欧
デザインの背景には、良い住環境が良い国民
を作るという政治思想や啓蒙活動があり(一橋
大学太田美幸教授)みんなで豊かになろうとい
う社会民主主義の土壌があった。
日本も北欧も森林率が高く自然への親しみも近い、木への愛着が強いという共通点もある
。日本の民藝にも感銘を受けたというフィン
ランドのデザイナー、カイ•フランクは「どう
してよく似ているのか不思議である」という
言葉を残したそうですが、「用の美」で日本
と北欧はつながる素地があったとしています

低成長の時代に入りミニマルな生き方の台頭
とともにインテリアの世界で北欧ブームが起
きたが、前述の塚田さんは、
「大事なのは北欧家具を買うことではない。
家に良い家具があるならそれを長く使う。生活を大切にする。それこそが北欧スタイルな
んです」
と訴えてます。それを民藝にも当てはまると言えます。

民藝の品を買う(テマヒマからすると販売する)
だけでなく、それを長く大切に使い続けることこそが民藝(運動)で、民藝の品を使うこと
で、暮らしを豊かにする、大切にする、こそ
が重要だ、ということだと思います。テマヒ
マはそんなきっかけになる、入口になるお店
でありたいと思います。

日本と北欧の相性がいいという流れで言えば
、世界の民藝品同士、手仕事の品同士の相性
もいいと思います。そして洋の東西を問わず
発酵食品同士も相性がいいですね。

昨日は開店から閉店までお客様が途切れるこ
となく、お越し頂きました皆様ありがとうご
ざいました!ランチで満席の為お断りしてし
まった皆様申し訳ございませんでした。
今日も11時オープンで皆様のお越しをお待ち
しております。ランチのご予約は1組のみでお
席にかなり余裕がございます。
それでは、好いモノ、好いコト、好いトキを
テマヒマで。今日も好い一日を!

0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

テマヒマは、高槻市にある、 民藝の器、暮らしの道具、 食に関する書籍のセレクトショップ、 みそソムリエの作る発酵食品中心のカフェです。 食を通して暮らしの豊かさを提案しています。 「暮らし、味わう」 高槻市にお越しの際は、 築90年の古民家をリノベーションした 隠れ家的空間で、 器や暮らしの道具のお買い物、 ランチ、スイーツをお楽しみ下さい。 Since 2018.10.01