着物

おはようございます。


暮らし、味わう。
食を通して豊かなライフスタイルを提案する
セレクトショップ&カフェ テマヒマ
大阪高槻で古民家再生中!
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。


インスタ映えを狙う若者達はフォトジェニッ
クな壁を探すと言います。モノの良さを伝え
るのにどんな背景の前に置くか、どんな素材
の上に置くかも大事だと思います。モノを馴
染ませつつ空気感を作るのか、反対の素材感
や色で際立たせるのか。民藝系作家さんの集
まるイベントで、あるガラス作家さんは鏡の
上にガラスの器を置いてらっしゃっていて、
ある陶器の窯元さんは布の上に陶器を置いて
らっしゃていて、どちらもいい感じでした。


盆休だからというわけでもないですが

昨日実家に行ってきました。高槻⇆吹田なの

で遠くはないのですが、訪れるのテマヒマの

物件の賃貸契約で連帯保証人の印鑑を貰って

以来。亡き母の着物をテマヒマのディスプレ

イ等に使えないかと。母を癌で亡くしたのは

僕が前職で東京で働いていた2008年。ちょう

ど10年前になります。

(実家の隣には麒麟の田村さんのホームレス中

学生でも有名なまきふん公園があります)


母は晩年、着物に凝っていて、着物を着て歌
舞伎を見に行ったりするのを楽しみにしてい
ました。腸に癌が見つかって切除しました
が、人工肛門を選ばなかったのは着物を再び
着たいという思いから。結果それが再発だっ
たり亡くなった原因にも繋がり、再び着物を
着ることは出来なかったのですが、それぐらい凝ってたというか。


凝ってたと言えば、子供が大きくなってから
器にも凝ってました。僕自身の趣味性と全く
違いますが、器好き、器楽しむという意味で
影響を受けてるのかもしれませんね。


着られなくなった着物をテマヒマで継承
再利用出来ないか?着物の価値は正直分から
ず、また母が凝ってた時期と年齢が違ったり
趣味が違ったりするので遺されたものに対し
選べたのは僅かですが、良品というよりは
好品をいただいてきました。どのように活用
するかはこれから考えたいと思います。


着物というタイトルですが、結果、

テマヒマ店主(うちの奥さん)が書いた

母想の回と対みたいになってしまいました。




0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

「暮らし、味わう。」 テマヒマは 食を通して豊かなライフスタイルを提案する 古民家カフェ&セレクトショップです。 味噌ソムリエの店主がテマヒマかけて作る 発酵食品を中心としたカフェ、 テマヒマかけて作られた暮らしの器・道具、 食に関する古書を販売します。 古民家を改修した隠れ家的空間で、 ランチ、スイーツ、お買い物、おしゃべりを お楽しみ下さい 2018.10.01 GRAND OPEN!