極意

おはようございます。

暮らし、味わう。
食を通して豊かなライフスタイルを提案する
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。


昨日はテマヒマ食の基礎講座②ということで

ぬか太郎さんこと吉田共幸さんを講師にお招

してぬか床作りワークショップを行いまし

た。ワークショップの様子については、テマ

ヒマ公式インスタの方でもご覧頂けます。

熱心な参加者の皆さん、吉田さんのキャラク

ターもあっていい雰囲気の中で糠床作りは進

みます。吉田さんはきちんと背景や知見を持

ちつつも経験や感覚を重視してらっしゃる感じ。

一段落したところで、吉田さんから最後に糠

漬けの極意をお伝えします、とお話が始まり

ました。


一つは愛情を持って糠床を育てて欲しいとい

うこと。例えば糠床に名前をつけたり、声を

かけたり、音楽を聞かせたり。そうやって愛

着をもって接していれば、長続きもするし、

そして美味しくもなると。


もう一つはそれとは逆のことのようですが、

面倒くさくなったらやめて下さい、と。よく

祖母の代から受け継いだみたいなことを言っ

たり重宝がったりするが、大切なのは長さで

はなく、その時点での糠床の中の乳酸菌の多

様性やそのバランスが重要なのだと。一度止

めても、その前の糠床から種ぬかにして必ず

再生出来るといいます。糠床というモノでは

なく、常在菌というかたちでも祖母からカラ

ダの中に継承れてるのだから。糠床を守ら

なきゃって束縛されるようなものではない。

人間も同じ、やり直しがきくのです、とワー

クショップはしめられました。


菌の世界のことが人間に置き換えて考えれた
り、菌の世界なら人間の社会を見てみたり、
奥深いですね。テマヒマブログで何度かご紹
介している小倉ヒラクさんもそうです。

最後は、ぬか太郎さん作、テマヒマ作のぬか
漬けで皆さんにお茶漬けを召し上がって頂き
終了となりました。同じぬか漬けでもこんな
に違う!ぬか太郎さんに教えて頂いた内容と
これまでのテマヒマとで作り方で違う点もあ
ったので取り入れてみます、と店主(うちの奥
さん)が申しておりました。

ご参加頂きました皆様、ゲスト講師の吉田さ
んありがとうございました!

※糠床作りワークショップご参加の皆様へ
足しぬか用の生糠をお土産でお渡し漏れてお
りました。申し訳ございません。7/29夕方ま
ではテマヒマでお預かりしておりますのでお
越しになればお渡しさせて頂きます。それ以
降についてはぬか太郎さんまで。宜しくお願
いします。

テマヒマでは今後とも定期的にワークショッ
プを開催していきたいと考えています。乞う
ご期待!直近では8/8(木)に沖縄の食に関する
お話会を予定しています。現時点で定員12人
に対して残席5となっています。お申込みはメ
ール又はお電話で。宜しくお願いします。

今日も11時オープンで皆様のお越しをお待ち
しています。ランチの11時半のお時間はご予
約がお2人のみとかなり余裕がございます。
それでは今日もよい一日を!

0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

「暮らし、味わう。」 テマヒマは 民藝と発酵をモノサシに 食を通して暮らしの豊かさを提案する 古民家セレクトショップ&カフェです。 味噌ソムリエの店主がテマヒマかけて作る 発酵食品を中心としたカフェ、 テマヒマかけて作られた暮らしの器・道具、 食に関する書籍を販売しています。 古民家を改修した隠れ家的空間で、 ランチ、スイーツ、お買い物を お楽しみ下さい Since 2018.10.01