暮手

今日から12月。今年も残り1ヶ月ですね。

おはようございます。


暮らし、味わう。


民藝と発酵をモノサシに

食を通して暮らしの豊かさを提案する

古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ

プロデューサー,バイヤーの太田 準です。


岩井窯山本教行さんの著書
「暮らしを手づくりする-鳥取・岩井窯のうつわと日々ー
が先日届き、早速販売開始しています。

過去にテマヒマブログにも書いたように、岩
井窯の山本教行・房江さんご夫妻や山本家の

皆様との邂逅が、暮らし、暮らしの豊かさに

ついて考えるきっかけとなり、うちの奥さん

(テマヒマ店主)が房江先生の料理教室に通

うようになり、そしてあの「場」で感じるこ

と、工房・販売所・喫茶・参考館という構成

を都市部で小さくとも実現したらという構想

(つまりテマヒマ)に影響のあった岩井窯さ

ん。その本が出たとあって、扱わないという

選択肢はないやろ~(鶴瓶さんの宝くじのC

M風に)笑。

平松洋子さんの、

“山本教行さんはその人生をもって「民藝」の

道のりを生きてきた最後のひとです。”

という帯の言葉そのままにバーナードリーチ

吉田璋也といった、我々にしたら歴史上の

人物とも思える人とのエピソードがあったり

暮らすこと、モノを買うこと、選ぶことにつ

いて平易な言葉で語りかけてくれます。例え

ば、民藝とは「暮らしをよくする運動」と

か。山本先生から直接聞いた言葉もあったり聞いてはないのに自分がお店でお客様に、

るいはこのブログで書いてたりすることと不

思議とシンクロすることもあったり。

内容を書くとあまりネタバレになるので一つ

だけ。子育てで子供に壊れないような道具を

渡すのではなく、壊さないことを教えるべき

だ、というのは至言。モノの大切さを教えれ

ば壊さないように丁寧に扱うものだし、それ

により子供の「暮らす力」を養うことだと仰

います。本当にそうだと思いますね。食洗機

使えますか?というお母様には難しいのでし

ょうか・・・?

まえがきの中の言葉がずしりと重みをもってのしかかるというか鋭く刺さります。

「まわりに支配されることなく、自分が主と

なって日々の生活や人間関係を組み立ててい

く。それが真の意味で「暮らす」というこ

と。」

うちの奥さん(テマヒマ店主)も自分を軸に

ということを言っていましたがなかなか言うは易し行うは難しです。。。

是非皆さんに読んで頂きたい本です。

続・ゆっくりいそげ(影山知明著)、発酵文

化人類学・日本発酵紀行(小倉ヒラク著)

続いて全力プッシュで販売したいと思います


暮らしを手づくりするというタイトルから略
して暮手というブログタイトルにしましたが
「暮らし手」という言葉。暮らすということ
や言葉は本来普通であることなのに、その普
通が難しくなってしまってる現在。暮らす、
生活するということに意識的であるためには
作り手、使い手、配り手という中で、配り手
は繋ぎ手と置き換えたように、使い手も暮ら
し手と言い換えてもよいのかもしれません。
消費者という言葉では決してなく。
昨日は紅葉狩り日和だったからでしょうか?
昨年同日(同曜日)もそうでしたが、昨年をさら
に下回ってお客様のかなーーーーーーーり少
ない日でしたが今日はどうでしょうか?今日
もランチの11時半のご予約はお1組のみとかなーーーーーーーり少のうございます。。。。
残り1ヶ月頑張って参りましょう!
今日も11時オープンで皆様のお越しをお待ち
しております。
それでは今日もよい一日を!

0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

「暮らし、味わう。」 テマヒマは 民藝と発酵をモノサシに 食を通して暮らしの豊かさを提案する 古民家セレクトショップ&カフェです。 味噌ソムリエの店主がテマヒマかけて作る 発酵食品を中心としたカフェ、 テマヒマかけて作られた暮らしの器・道具、 食に関する書籍を販売しています。 古民家を改修した隠れ家的空間で、 ランチ、スイーツ、お買い物を お楽しみ下さい Since 2018.10.01