脇役

おはようございます。


暮らし、味わう。


民藝と発酵をモノサシに

食を通して暮らしの豊かさを提案する

古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ

プロデューサー,バイヤーの太田 準です。


テマヒマブログ珈琲の回でもご紹介した話で

すが、島珈琲さんにテマヒマオリジナルブレ

ンドを作って頂いた際、味噌シフォンケーキ

や豆乳葛プリンに合うようにと珈琲が主役で

はなく、スイーツを主役に、その主役を引き

立てるような脇役の珈琲をと、作って下さい

ました。ご自分の焙煎しブレンドする珈琲を

主役にしたい、と思うのが普通でしょうが、

有り難いことです。


テマヒマのランチにおける、お味噌を選べる

お味噌汁というのは定食における言わば脇役

的位置だったお味噌汁にフォーカスして、お

味噌汁を主役に位置づけた逆転の発想。

お味噌汁についても、具が主役、お味噌は脇

役、という位置づけが普通だと思いますが、

これも逆転の発想でお味噌にフォーカスして

お味噌が主役。


お味噌汁専門店とか、お味噌汁を売りにして

いるお店とか、もありますが、多くは珍しい

お味噌汁の具を楽しめる、というパターンが

多いと思います。テマヒマの場合、お味噌を

味わって頂くため、豆腐とワカメなどといっ

た出来るだけ一般的な具をチョイスするよう

にしています。例えば、カボチャの味噌汁と

かも好きなのですがカボチャの甘味がたつと

お味噌の違いが分かりにくいので選ばなかっ

たり。一般的な具といっても1年もやるとちょ

っとマンネリ化のきらいはあるので工夫は必

要ですけどね。どちらが正解ということでは

なく、何にフォーカスするか、何を主役に据

えるかの考え方の違い。お出汁にこだわる、

お味噌にこだわることで、「暮らしを手づく

りする」(山本教行著)の中の喩えで言えば

ふつうのたい焼きでふつうじゃないたい焼き

をつくる、ということでしょうか。クロワッ

サンたい焼きとか、カスタードたい焼きとか

ではなく。

と書きつつ味噌汁の「具」を主役にした業態

もテマヒマ本店とは別にいずれはやってみた

い構想はありますけどね笑。

本日水曜日のランチは、味噌キーマカレーの

セット。通常と同様、お味噌汁のお味噌を選

ぶことが出来てお味噌が主役です!なかなか

存在感の強い脇役ですけど。

水曜日限定メニューで味噌キーマカレー食べ

たいのになかなか食べるチャンスがない方の

ために、次の日曜日12/8は特別にランチに味

噌キーマカレーが登場です!

(通常のおばんざいセットはございません)


今日も11時オープンで皆様のお越しをお待ち

しております。ランチの11時半のお時間はご

予約も3組のみとお席に余裕がございます。

それでは今日もよい1日を!


最後に、主役、脇役ということで言うと、中
井貴一さんのお父様佐田啓二さんが主演男優

賞を取った時に「次は助演男優賞をとりたい

」と言ったという話が好きなのでもう一度ご

紹介しておきます。

0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

「暮らし、味わう。」 テマヒマは 民藝と発酵をモノサシに 食を通して暮らしの豊かさを提案する 古民家セレクトショップ&カフェです。 味噌ソムリエの店主がテマヒマかけて作る 発酵食品を中心としたカフェ、 テマヒマかけて作られた暮らしの器・道具、 食に関する書籍を販売しています。 古民家を改修した隠れ家的空間で、 ランチ、スイーツ、お買い物を お楽しみ下さい Since 2018.10.01