精通

おはようございます。

暮らし、味わう。

民藝と発酵をモノサシに
食を通して暮らしの豊かさを提案する
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

昨日のブログ普通の回で、子供受け付き電動
ママチャリについて触れたからというわけで
もないでしょうけど、写真はランチタイムの
テマヒマ店前。子供受け付き電動ママチャリ
がずらり。3人グループのお客さんの多い、
赤ちゃん連れも多い、ほぼ全員がランチ後に
ドリンクやスイーツのご注文して頂く、そん
な不思議な?日でした。そこだけ読むと昨日
のテマヒマは好調と思っちゃいますが、今月
の売上ワースト3ぐらいだったりします。。。
厳しい。。。

さて、雑誌SAVVYの最新号9月号が発売され
ました。今号は北摂特集号。わたしの街の新
定番という切り口の高槻編〜散歩しながら巡
るおいしい時間割〜の中でテマヒマをご紹介
頂きました。
このSAVVY掲載はコロナ禍の影響で二転三転
、紆余曲折がありました。取材依頼のお電話
があったのが4月。その後延期になり、撮影
が行われたのは5月8日。当時テイクアウトの
みの営業で制約のある中での取材だったとい
うところまでは胎動の回で書きました。
その後6月末発売号への掲載だったのか、1ヶ
月延び、企画編集切り口も変更になった上で
の今号でした。
小売業•飲食業もこのブログでも赤裸々に書い
てきたように厳しい状況ですが、出版業、そ
れに関わる多くのフリーのライターさん、カ
メラマンさんなどもきっと大変だったことと
想像します。校正原稿のチェックバックの際
に思わず、お互いこの大変な時期をなんとか
乗り切りましょうとメールしてしまいました
。改めてご取材頂きありがとうございました

SAVVYは好きなテーストの雑誌でしたし、
取材申込みを頂いた時とても嬉しかったですが、実際に誌面を見るとやっぱり嬉しいです
ね。雑誌掲載も4月のcasa brutus以来3か月
半もかなり久しぶりだったこともあり。北摂
をカバーして魅力的な内容になっていて、高
槻を中心に高槻以外でもお知り合いのお店、
仲良くさせてもらってるお店も多数掲載され
ていました。是非書店などでお手に取ってご
覧になってみて下さい。そしてこの雑誌でテ
マヒマを知って頂ける方がいらっしゃったら
、お越しになる方がいらっしゃったら嬉しい
です。

今日から4連休という方も多いのでしょうか?
この4日間の現時点でのご予約状況ですが、
7/23(木)  12時にご予約2名のみ
7/24(金)  11時半,12時とも満席
7/25(土)  ご予約0(ゼロ)
7/26(日)  11時半にご予約2名のみ
となっています。
今日も11時オープンで皆様のお越しをお待ち
しております。それでは、好いモノ、好いコ
ト、好いトキをテマヒマで。今日も好い1日を!

SAVVYってそもそもどんな意味なんだろう?
って調べてみたら、日本語訳で精通するとか
理解するとかって。というわけでタイトルを
精通にしましたが、雑誌のテースト感に比べ
とても強い言葉なんですね〜

0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

「暮らし、味わう。」 テマヒマは 民藝と発酵をモノサシに 食を通して暮らしの豊かさを提案する 古民家セレクトショップ&カフェです。 味噌ソムリエの店主がテマヒマかけて作る 発酵食品を中心としたカフェ、 テマヒマかけて作られた暮らしの器・道具、 食に関する書籍を販売しています。 古民家を改修した隠れ家的空間で、 ランチ、スイーツ、お買い物を お楽しみ下さい Since 2018.10.01