減席

おはようございます。

暮らし、味わう。

民藝と発酵をモノサシに
食を通して暮らしの豊かさを提案する
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

新形コロナウィルス感染対策の一つとして、
このブログでも何度も書いてますように、お
客様グループ同士の間隔をあけるため、満席
数を減らして運営しています。そのため本来
席数が17名の店ですが、最少だと9名で満席
、最大で14名で満席ということになってしま
います。お客様が何人のグループでお越しに
なるか、どの順番でお越しになるか、による
ので、こちらでコントロール出来ることは少
なく、運とも言えますが。。。

この減席というのは、実際に椅子を減らすと
いう意味ではなく、席を使わない、座らない
という意味なのですが、あるスタッフからの
提案で少し前からカウンターについては5席か
ら実際に椅子を減らして4席としています。

ここからはお店にお越しになった方にしか分
かりにくい話ですが、

例えば、お二人グループが2組の場合
(上の段が5席ver、下の段が4席ver)
◯◯●◯◯
◯◯  ◯◯

最初にお2人で、あとでお客様がお越しの場合
◯◯●◯● (お1人しか無理)
◯◯  ◯  ◯(お2人座れます)

全てお1人の場合
◯●◯●◯(3人座れます)
◯ ◯ ◯ ◯(4人座れます)

1席減らすことで、柔軟に対応出来る、選択肢
が増えることで稼働率というか満席数という
かを上げることが出来ます。もちろんお客様
がお越しになってはじめて言えることですけれど。
とてもとても小さな話ですが、小さなお店に
とっては席数を減らしつつもいかに沢山のお
客様にお越し頂けるかは死活問題なので、ちょっとした工夫は大事ですね。損して得とれ
?違うか。何事も柔軟さが大切ですね。
プロ野球とかで主力選手がFAなどで抜けて戦
力ダウンとなるかな?と思ったら若手選手が
台頭してその穴を埋めて逆に戦力アップする
みたいなことがあります。サラリーマン時代
マネージャーとして任されたチームが若手主
体で弱そうに見えたがその後若手の成長によ
りいいチームになっていった経験もあります
。席数を減らすというマイナスがプラスに転
じればいいですね。なんか喩えが違う気がす
るけど苦笑。まあそんな感じです。

昨日もランチタイムに集中しましたが、沢山
の皆様にお越し頂きありがとうございました
。今日も11時オープンで皆様のお越しをお待
ちしております。今日のご予約状況ですが、
11時半が3組、12時が3組で、残り1席となっ
ています。この場合の満席は13席で、カウン
ターは
◯◯  ●  ◯
となっています。
それでは、好いモノ、好いコト、好いトキを
テマヒマで。今日も好い一日を!

0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

「暮らし、味わう。」 テマヒマは 民藝と発酵をモノサシに 食を通して暮らしの豊かさを提案する 古民家セレクトショップ&カフェです。 味噌ソムリエの店主がテマヒマかけて作る 発酵食品を中心としたカフェ、 テマヒマかけて作られた暮らしの器・道具、 食に関する書籍を販売しています。 古民家を改修した隠れ家的空間で、 ランチ、スイーツ、お買い物を お楽しみ下さい Since 2018.10.01