垣間

「垣間見る」

①チラリと見ること

②事態や物事のある一面を知ること

③物の間から、ひっそりと覗き見ること

「垣間」とは「家の庭によくある囲いや仕切

りの間」を表します。 垣の間はとても狭いの
で、「垣間見る」はチラッと見える様子をイ
メージできると思います。


おはようございます。


暮らし、味わう。


民藝と発酵をモノサシに

食を通して暮らしの豊かさを提案する

古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ

プロデューサー、バイヤーの太田 準です。


古民家をリノベーションして開業したテマヒ

マですが、カフェの方もショップの方も、お
そらく同業の他のお店に比べて、ストックス
ペースが十分でないような気がします。限ら
れた面積の中で出来るだけカフェの机や椅子
を、ショップの什器を、設置したいというこ
とでストックの考慮が甘かったというか。。


ショップのストックは陳列棚の一番下にリン

ゴ箱を置いてその中だったり、陳列台の下の

段ボールの中だったりにお店に出していない

器を入れています。

お越しになった皆さんに出来るだけ沢山見て

頂きたいと思うといつの間にか陳列棚や台が

器で溢れてしまっています。


さて、今日は隙間というタイトルで書こうと思ったのですが、高槻を襲った地震の直後ぐ

らいに既に使用していました。

ので今日のタイトルは代わりに垣間見るの垣
間(かいま)を採用。冒頭の意味はネットで
調べたもののコピペですが、この中で言うと
③のお話。


前段で説明した段ボールやリンゴ箱には入れ
ずに、商品を陳列してる棚の下に、ちらっと
商品が見えているところが店内に何箇所かあ
ります。ストックエリア(のつもり)ですが隙間
から垣間見ることが出来るというか、垣間見
れてしまっています。
で、このチラッと見えるところをご覧になっ
てるお客様、そこから商品を取り出される方
が結構いらっしゃるなぁということに気が付
きました。このチラッと見える感じがいいの
でしょうか?何かを発見する、発掘する感覚
があったりするのでしょうか?不思議だなぁと思ったり、こういった購買心理?行動?に
か名前があったりするのかなぁ?と思った
りしています。

まあそれだけの話なのですけれども。

隙間というタイトルのつもりだったのでその
まま続けます。

テマヒマで販売す商品は、大きく分けて
A作り手のもとに赴いて在庫の中から仕入れ
せて頂くケース
B作り手に注文させて頂くケース
の2つがあります。
Aについては窯焚き直後や他のお店での個展が
終わって戻ってきたタイミングが沢山の中か
ら選べたりします。遠方の作り手の方だった
り、コロナ禍の移動が制限される今時分だと
A’として在庫の中から写真などでやりとりし
て送って頂くケースもあります。個展戻りか
らというやり方はテマヒマのような小規模店
ならではの隙間産業的なやり方でしょうか?

昨日はそんな隙間産業的なA’の商品が岡山か
ら届く予定だったのですがそれは届かず、栃
木県益子からBが届きました。振り返ってみた
ら注文したのは約1年ちょっと前でした。
島岡桂さんの定番で人気の器、マグカップと
ご飯茶碗。早速昨晩棚入れしていますので、
今日からご覧頂けます。数が揃ってるこの機
会に是非お手にとってご覧ください。通販対
応も引き続き承ってますのでお気軽にお問い
合わせ下さい。

昨日はランチタイムもカフェタイムもお客様
が途切れることもほぼなく、でもお客様もそ
れほど多くなく穏やかでのんびりした店内で
した。お越し頂きました皆様ありがとうござ
いました!
今日も11時オープンで皆様のお越しをお待ち
しております。ランチのご予約状況ですが、
11時半が4組、12時が1組で、残り1席となっています。
それでは、好いモノ、好いコト、好いトキを
テマヒマで。今日も好い一日を!

0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

「暮らし、味わう。」 テマヒマは 民藝と発酵をモノサシに 食を通して暮らしの豊かさを提案する 古民家セレクトショップ&カフェです。 みそソムリエの店主がテマヒマかけて作る 発酵食品を中心としたカフェ、 テマヒマかけて作られた暮らしの器・道具、 食に関する書籍を販売しています。 古民家を改修した隠れ家的空間で、 ランチ、スイーツ、お買い物を お楽しみ下さい Since 2018.10.01