流用

おはようございます。

暮らし、味わう。

民藝と発酵をモノサシに
食を通して暮らしの豊かさを提案する
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

開店当初の僕は結構尖っていたと思います。

某リビング系情報紙WEB版で記事を書いてる
方(敢えてライターとは書かない)からテマヒマ
を取り上げたいとメッセージを頂きました。
今すぐにはお店に行くことは出来ないので、
写真を送って欲しい、質問項目に答えて下さ
い、そんな依頼だったと思います。その後、
校正を経てサイトにアップされました。写真
も文章もほぼこちらから送ったままのもので
す。
その記事を書いた方から、御礼のメッセージ
がきて、とても閲覧数も多くて編集部からも
褒められましたみたいなことが添えられてい
ました。
考えようによっては自分の伝えたいことをそ
の某リビング系WEBサイトに載せられた、多
くの方が見て下さった、ということは喜ばし
いことなのですが、その方がテマヒマに実際
にお越しになって、見て聞いて感じて書いた
記事ではないことがやはり引っかかっていて
その方には「是非お越しになって、実際のテ
マヒマを感じて下さい」といった趣旨のこと
をお伝えしました。
2年半経った今もその記事を書いた方はテマヒ
マにお越しになっていません。もしかしたら
お越しななってるのかもしれませんが名乗っ
てらっしゃいはしません。今でもそのページ
はネットで テマヒマ で検索した際にまあ
まあ上位表示されています(サイト名を言わな
いのがせめてもの優しさ?)。

例えば、テレビで誰々さんがこんなことを言ったということがそのまま載っているネット
ニュース、新聞記事や週刊誌の記事をそのま
ま紹介するワイドショーなど。そこに独自の
視点や切り口、編集があればよいのですが、
そのまま転載•転用してる場合何か新しい価値
などが生まれる訳では無く、ネットの時代に
情報量が膨大に増えたと言われますがその中
にはそう言った重複がかなりを占めてるでは
?と思えてなりません。

阪急電車のフリーペーパーTOKKさんには以前
取材掲載頂き反響が大きかったメディアの一
つでしたが、今回そのWEB版について掲載依
頼がありました。高槻のおススメのカフェを
5店ピックアップ今月のweb記事にまとめたい
、紹介するにあたってホームページやインス
タの写真を流用しても問題は無いか?取材対
応を不要で校正は必要ということでした。

一瞬、前段のことがよぎりましたが、開店か
ら2年半を経て丸くなったのか笑、OKの返事
をしました。コロナの影響もあるかなと思っ
たり、何よりもその編集部の方が以前テマヒ
マに実際にお越しになったことがある、というのも大きいです。

そしてその公開されたのがこちらの「メニュ
ーも空間も素敵!一度は行ってみたい高槻の
個性が光るカフェ5選」
テマヒマ以外にも、「ROCCA&FRIENDS 」「RICCIO摂津富田店」「イマソラ珈琲」
「NEUTRAL」などもご紹介されていて、
行ったことのあるお店、これから行ってみた
いお店ばかり。是非ご覧になってみて下さい
。ご紹介頂きありがとうございました!

掲載に向けての編集部とのやりとりが一段落
して最後に、Wi-Fiがつながるカフェの特集も
いずれ予定していますが、利用出来ますか?
という質問があって、「利用出来ません」と
返事すればいいところを、「Wi-Fiについて
は、店内で積極的にネット接続して欲しいというより、お店自体を楽しんで頂きたい為、
利用出来ません。申し訳ございません。」と
かって返信してしまう僕はやはり尖ったまま
のようです苦笑。

そんなメニューも空間も素敵!一度は行って
みたい個性が光る、テマヒマは今日も11時オ
ープンで皆様のお越しをお待ちしております
。今日のランチのご予約状況ですが、全部で
4組、残り4席となっています、
それでは、好いモノ、好いコト、好いトキを
テマヒマで。今日も好い一日を!

0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

「暮らし、味わう。」 テマヒマは 民藝と発酵をモノサシに 食を通して暮らしの豊かさを提案する 古民家セレクトショップ&カフェです。 みそソムリエの店主がテマヒマかけて作る 発酵食品を中心としたカフェ、 テマヒマかけて作られた暮らしの器・道具、 食に関する書籍を販売しています。 古民家を改修した隠れ家的空間で、 ランチ、スイーツ、お買い物を お楽しみ下さい Since 2018.10.01