座談

おはようございます。

暮らし、味わう。

民藝と発酵をモノサシに
食を通して暮らしの豊かさを提案する
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。


クラウドファンディング挑戦も8日目。これま
でに45名の方から、423500円のご支援を頂
きました。ご支援頂きました皆様ありがとう
ございます!引き続き宜しくお願いします。
また出来るだけ多くの皆様に知って頂きたく
共有拡散をして頂けますと有難いです。よろ
しくお願いします!
昨晩は、兵庫県民芸協会のインスタアカウン
トからのライブ配信で座談会「私の好きなマ
カップ」に参加させて頂きました。ご覧頂
ました皆様ありがとうございました。こち
2時間超と長尺にはなりますが、同じく兵庫
民芸協会アカウントで、又はYouTube(上記
ンク)てもご覧になれますので、よろしけれ
ば。
今年から兵庫県民芸協会の理事をつとめてい
るのですが、同じく理事の田口さん(東京在住
、今回主に司会進行もして頂いていました)か
ら、お気に入りのマグカップについての座
会をやりませんか?というご提案があり、参加させて頂いた次第です。
開催前のお知らせから趣旨を引用すると、
「なかなか人と集まることが難しくなってし
まったこの頃。けれどその分、家でモノと向
き合う時間が増えた気がします。お気に入り
のマグカップでコーヒーを飲んだり、好きな
布を眺めたり。モノによってほっと心が『ゆ
るむ』ということを実感する時でもありました。
そんなお気に入りのモノたち、一体どんなと
ころが好き、や、どこで生まれたんだろう?
など、楽しく仲間とわいわい、行きつけの喫
茶店でおしゃべりするような場があったらなぁ… (中略) おしゃべりの中で今後もっと多く
の人との交流会として展開できないかな?とも考えています。

視聴される方が少なかったり、画面上の参加
者だけで盛り上がって視聴される方が置いて
きぼりになったらどうしよう?という心配を
僕自身は持っていたのですが、どちらも杞憂
に終わり、あまりに作り手の皆さんのお話が
面白過ぎて途中からほとんど聴いてるだけ、
うなづいてるだけ、という時間になってまし
た。中ノ畑窯の佐藤さんご夫妻や鹿児島で作
陶されてる野はら屋佐々木かおりさんも飛び
入り参加されたり、視聴されてる方から沢山
コメントが入ったりリアクションがあって盛
り上がったのもよかったですね。

冒頭、ハンドルに絞ったお話も投げかけさせ
てもらいましたが、マグカップというアイテムに絞り、ハンドルという部位に絞ることで
かえって深まったり広がったりするのでは?
と思ったから。以前に取手というタイトルの
ブログを書いてたのはすっかり忘れていまし
たが。。。

やっぱり作り手の方のお話は面白いですね。
マグカップのカタチやハンドルなども含め、
作り手の個性や考え方が現われると思います
が、師弟関係・陶脈も影響する以外にも、先
の野はら屋佐々木さんのお話で出西窯の
多々納さんが北窯に行ってハンドル付の実演
をした話は興味深く、作り手同士の交流も関
係しているのだなぁと思いました。バーナー
ドリーチが各地を回る中でハンドル付を教え
たという話というのにも似て。

マグカップを作る際に目指したり参考にして
るモノがある作り手もいれば、前野さんは、
轆轤をひいてる中で生まれてくる形を大切に
していると仰っていて面白かったです。過去
から続く模様や装飾も意図して生まれたもの以外に一連の制作工程の中で発生したものに
気づきそれをとらえた誰かが意匠としたのでは?という話は興味深く、実際に作られる方
だからの視点だなぁと思いました。

マグカップの厚い薄いの話の流れで、(飲み口
で言うと厚い薄いもすごく大事な切り口なのですが)、お客様から重い軽いの話の方がよく
出るというお話もしました。軽い方がよいと
いう方が多いと。少しだけ補足しておくと、
配り手として、お客様からの声を作り手にフ
ィードバックすることもありますが、僕自身
単純に軽ければいいという風には思ってない
ので、それを作り手にそのまま伝えるという
ことはしてないです。お客様にも実際ご自身
が普段持つようにマグカップを持ってもらう
ようにして重さを実感してもらうようにして
います。お客様の持ち方や大きさ、カタチの
好みは幅広いので出来るだけバリエーション
を持たせて品揃えするよう意識してたりし
ます。もちろん自分が好いと思うもので、テ
マヒマ的テースト感の中で。

仕入れに行った際に、モノを選ぶことに集中
して、初めての仕入れの時に比べて、モノ作
りについてお話を聞けてないなぁと反省があ
ります。今回のインスタライブのような機会
で色々お話を聞けたのは本当によかったです
が、普段からもっともっと作り手に質問して
いこうと改めて思いました。それをお客様に
お伝えするのも配り手の役割ですから。

今日も11時オープンで皆様のお越しをお待ち
しております。本日のご予約状況ですが、テ
イクアウトがお一人、ランチがお1組で残り
12席とかなりお席に余裕がございます。生憎
の雨予想ですが皆様のお越しをお待ちしてお
ります。
それでは、好いモノ、好いコト、好いトキを
テマヒマで。今日も好い一日を!

0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

「暮らし、味わう。」 テマヒマは 民藝と発酵をモノサシに 食を通して暮らしの豊かさを提案する 古民家セレクトショップ&カフェです。 みそソムリエの店主がテマヒマかけて作る 発酵食品を中心としたカフェ、 テマヒマかけて作られた暮らしの器・道具、 食に関する書籍を販売しています。 古民家を改修した隠れ家的空間で、 ランチ、スイーツ、お買い物を お楽しみ下さい Since 2018.10.01