研磨

おはようございます。

暮らし、味わう。

民藝と発酵をモノサシに
食を通して暮らしの豊かさを提案する
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ
本日は火曜日で定休日!
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。

民藝と暮らすはずだった展6日目の昨日、会期
中最も静かな店内となりました。お客様のい
らっしゃらない時間帯にインスタで商品紹介
してましたら結構な数になってしまいました
。。。お越し頂きました皆様ありがとうござ
いました!

はずだった展連動で始めたインスタライブ。
工房と結んでのインスタライブも一昨日最終
日とりました。前2回に続いてブログでその
さわりを書いてみたいと思います。

唇にあたる、口に入る、体の中の敏感な部分
の一つだから、丁寧に作られたカトラリーを
という平岡正弘さん。一人で完結出来る仕事
をしたい、元々好きだったモノ作りをしたい
と脱サラし木工の職業訓練校に通った後に独
立。工房を開いて12年ほどになります。木を
研磨して、漆を塗ったカトラリーは独学で作
られたモノ。

僕が平岡さんのカトラリーに出会ったのは、
何年前かは忘れましたが京都のあるギャラリ
ー。手仕事の木のスプーンと言うと、ざっく
りとしたとちらかと言えば匙を見ることが多
かったので、平岡さんのシルバーのカトラリ
ーかと思うような造形を見た時にとても感動
してインスタで探してフォローしていました
。それが昨年岩手の艸工房・玉山保男さんの工房にお邪魔した時に平岡さんもいらっしゃ
ってご紹介頂いたのが出会いでした。まさか
のご縁に驚くとともにテマヒマでのお取り扱
いもそれをきっかけに始まりました。本当に
ありがたいことです。

その感動したスプーンは、平岡さんがアンテ
ィークが好きで蒐集していたシルバーのカト
ラリーを参考に、いくつかのそれのいいとこ
どりをして生まれ、そして作り続けるうちに
進化してきたもの。口当たりを優しくするた
めに先端は薄く、でも薄すぎると割れてしま
うので、その匙加減が難しいところ。スプー
ンだけに笑(しょうもないこと言うてもうた)。
計測すると約2ミリと本当に薄い。計測して確
認はしてらっしゃいますが基本は指先の感覚
だけなので凄いなぁと感動します。

制作工程を細かく平岡さんがご説明頂いてるので是非動画の方をご覧に頂きたいのですが
、その先端を研磨するところについては実演
頂きました。全工程の中で一番細かく気を使
う作業ではないでしょうか?一気に作る訳で
はなく工程毎にまとめて作るので正確には分
からないですが概算で一日正味10個も作れな
いというのも頷けます。

材料で使ってらっしゃるのは国産のイタヤカ
エデ。材料として手に入りにくいという訳で
はないですが、最近ではバットにも使われる
ぐらい硬くて、カトラリーを作るのにはどち
らかと言えば扱いにくい材料。ん?なんだか
翁再生硝子工房さんで聞いた、吹きガラスに
は再生ガラスはあまり向いてないという話と
似てる?そう言えばアンティークが好きとい
う話も!

最後に拭き漆のカトラリーのお取り扱いにつ
いてお伺いしました。お客様とお話ししててもそのあたりがハードルになってるかも?と
思うこともあったので。
8年ほど使い続けてらっしゃる方もいらっしゃ
るというほど長くは使えるものですが、やは
り使ううちに先端は白くなってくるそうです
。平岡さんの方で有償にはなりますが、塗り
直しなどメンテナンスはして頂けるそうなの
で、長く使っていただきたいと仰っていまし
た。そんなところにも、どんどん新しいモノ
に買い替えてというような商売っ気とは真逆
の作品への愛と、暮らしへの考え方があらわ
れているように思いました。

平岡さんのカトラリーは通常はアイテムを絞
ってテマヒマではご紹介していますが、今回
のはずだった展では、準新作の姫フォークも
含めバリエーションを広げていますので、是
非お手にとってご覧になってください。

テマヒマは今日明日火曜日水曜日で定休日です。明後日7/8よりはずだった展も後半戦。
11時オープンで皆様のお越しをお待ちしてお
ります!会期終了とともに作り手にお返しす
ることになる、つまり今しかご覧になれない
、ご購入頂けないものもございますので、お
見逃しなく!またタイミング的に地理的にお
越しになれない方には通販のご対応も承って
ますのでお気軽にお問い合わせください。
それでは今日も好い一日を!

0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

「暮らし、味わう。」 テマヒマは 民藝と発酵をモノサシに 食を通して暮らしの豊かさを提案する 古民家セレクトショップ&カフェです。 みそソムリエの店主がテマヒマかけて作る 発酵食品を中心としたカフェ、 テマヒマかけて作られた暮らしの器・道具、 食に関する書籍を販売しています。 古民家を改修した隠れ家的空間で、 ランチ、スイーツ、お買い物を お楽しみ下さい Since 2018.10.01