続編

おはようございます。


暮らし、味わう。

食を通して豊かなライフスタイルを提案する

古民家カフェ&セレクトショップ テマヒマ

プロデューサー,バイヤーの太田 準です。


「ゆっくり、いそげ〜

カフェからはじめる人を手段化しない経済」

は今から7ヶ月ほど前のテマヒマブログ、

支援、受贈の回でもご紹介しましたように

「テイクからではなくギブから始める関係性」

「消費者的人格と受贈者的人格」

といったキーワードで、自分が考えていたこ

とを整理するのに役立ったり、考えさせられ

たり、影響を受けた本のうちの1冊です。

その著者、クルミドコーヒー、胡桃堂喫茶店

の店主、クルミド出版代表の影山知明さんが

その続編

「続・ゆっくり、いそげ~植物が育つように

いのちの形をした経済・社会をつくる」

しかも査読版を出されるとのことをフェイス

ブックで見ました。

テマヒマは食をテーマにした古書をゆるーく

セレクトしていて新刊のものは雑誌・民藝だ

けなのですが、いてもたってもいられず、ご

連絡させて頂き、このたびテマヒマでご紹介

販売させて頂くご縁を頂きました。ありがと

うございます。関西圏ではテマヒマが唯一の

取扱店のようですが、大変嬉しく光栄に思います。


まず、査読版ということについて、影山さん

のFBのコメントを抜粋します。


一旦、今の状態で原稿を世の風にさらし読ん

でいただいた方からのフィードバックをいた

だきながらその先の本の「完成」を目指して

いくという二段階方式。

 
こうしたやり方が受け入れてもらえるかどう

かは分かりません。

 
「そんな中途半端なものを出すな!」という

お叱りの声も聞こえてきそうです。

 
ただ、ぼく一人が経験できる範囲や見ること

のできる世界はやっぱり限られていると思う

のです。

 
読んでくださった方お一人お一人からそれぞ

れの感想や経験、世界観を分けていただくこ

とでもっともっと先を思い描くことができる

かもしれない。


合わせて、影山さんによる刊行の説明文も掲
載させて頂きます。


------------------------
 △を、▽に。
------------------------
 

会社も、学校も、政治も、まちも、今の社会

は成果を先に定義して、そこへと最短距離で

行こうとしている。人は規格化され、利用価

値ではかられる。今の生きづらさの正体はそ

こにある。


それを180度、ひっくり返してみたらどうだろ

う。一つ一つのいのちを大事にし、それらが

のびのびと、それぞれの可能性を最大化する

ように関わり合ってみたら。


カフェの営業から、出版、哲学カフェ、地域

通貨、書店、田んぼづくりと活動を広げてき

たクルミドコーヒー/胡桃堂喫茶店の道のりは

まるで植物のそれのようだ。そこに設計図は

なく、縁と偶発性から、伸ばすべき枝が自然

と伸びてきた。


そう、自動車を作るようにではなく、植物が

育つように。


この地上の支配者、植物のありようから学び

一人一人が大切にされる経済・社会をつくる

ための処方箋。

ゆっくり、いそごう。


少し長くなってしまいましたが、昨日、その
査読版がテマヒマに届きました。今日から、
販売を開始したいと思います。このような
特殊な性格な本ですし思い入れも強いため
書棚に普通に並べるのではなく、レジのそば
に置いてお客様とお話しながら販売したいと
思います。


現時点でまだ僕自身もこれから読むところで
ここで内容に触れることは出来ませんが、
めちゃくちゃ楽しみです。が、いつ読む時間
を作るか頭を悩めています。


さて昨日のテマヒマですが、おそらくOPEN

以来一番ぐらいにランチ時のお客様が少ない

日でした。お客様とゆっくりお話しも出来て

よかったですが。今日のテマヒマはどんな

感じでしょうか?それでは今日も11時

オープンで皆様のお越しをお待ちしており

ます。それではよい一日を!



0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

「暮らし、味わう。」 テマヒマは 食を通して豊かなライフスタイルを提案する 古民家カフェ&セレクトショップです。 味噌ソムリエの店主がテマヒマかけて作る 発酵食品を中心としたカフェ、 テマヒマかけて作られた暮らしの器・道具、 食に関する古書を販売します。 古民家を改修した隠れ家的空間で、 ランチ、スイーツ、お買い物、おしゃべりを お楽しみ下さい 2018.10.01 GRAND OPEN!