反省

おはようございます。


暮らし、味わう。

民藝と発酵をモノサシに

食を通して豊かな暮らしを提案する

古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ

プロデューサー,バイヤーの太田 準です。

テマヒマブログ雨読の回でも書いたように、

なかなか読書の時間がとれず積読(つんど

く)状態の本が結構あるのですが最近読了し

た「ホホホ座の反省文」(ミシマ社)が面白かっ

たです。


だって(タイトル画像の)この帯の

「ていねいな暮らし」

「セレクトショップ」

そういったものに疲れてしまったすべての人

へ。って。疲れてしまってはないけど、逆に

それだけにテマヒマとっては挑発的なコピー

なので読みたくなるでしょう(^.^)。


で、読んでみて、言葉にちょっとした毒気を

含みつつ挑発的なことはなくて、寧ろ共感出

来ることが多く、頷くことしきりでした。

外野から批判したり、斜め上から発言したり

ではなく、渦中にいるからこその、実体験だ

からこその言葉。

ちょうど霧中というタイトルのブログでも書

いた自営業者、個店経営者としての孤独とい

うか、憂鬱というか、悩みというかと共通す

ることも多くて。まだ一年やそこらですけど

著者のお2人は、サブカル出身(だと思われて

いる)者として、そこを脱して「アルネ」や

「クウネル」以降の暮らし・生活系の流れに

乗りつつも斜に構えてみせたり。

東日本大震災を経てオーガニック、サスティ

ナブル、オフグリッドなどのキーワードを巻

き込みながら拡大していく暮らし•生活系。

その根底にはテクノロジーの発達や社会情勢

がもたらす、もやもやとした不安があり、テ

マヒマがかかっても自分の手を使って何かを

生み出すリアリティを求める気持ちがこの現

象を支える本質では?と分析しています。

このあたりはなぜテマヒマか?なぜ民藝や発

酵なのか?を書いてきたテマヒマブログとも

共通するところが多いです。

一方、「理想の暮らし」「古民家改装」「カ

フェっぽい」・・・・そういった雰囲気だけ

かすめとったものに対しては皮肉と批判がい

っぱいです。

テマヒマでは、意識の回でも書いたように、

テマヒマを始めるということについては無

意識的なこと(あるいは曖昧なこと)でしたが、

組み立てにあたってはかなり意識的です。テ

マヒマの大きな方向性や構成する要素は、流

行りだからではなく、自分達が好きだから選

んでいるものではあるものの、ネットにおけ

る検索キーワード、SNSにおける#ハッシュタ

グという意味ではかなり意識的に言葉を選ん

でいるのでまさにその皮肉の対象になるもの

を多く含んでいる、分かりやすく単純化して

しまってるとも言えます。

ホホホ座の前身のガケ書房には一度も行った

ことがなく「ガケ書房の頃」という本を通し

てしか知りませんし、ホホホ座も、三条大橋

店は何度か行ってますが、浄土寺の本店は一

度しか行ってません。ホホホ座についてとい

うよりは、テマヒマとの絡みで時代認識のと

ころを切り取ってご紹介させて頂きました。

オススメな一冊です。


さて反省と言えば。。。先述のブログ、霧中

の回のように、日々思い悩む姿をそのまま書

いてしまっているのでテマヒマのお客様でブ

ログを読んでらっしゃる方にもご心配をおか

けてしまっている。。。(ということを最近聞

いて)反省しています。

でもやっぱりこれからも思ってること、考え

ていることをそのまま書いちゃうんだろうな

ぁ。水面の下のバタ足が丸見えですけど。。

昨日は営業開始こそ満席でしたがその後はぱ
ったりとひっそりした店内でした。三連休初
日の今日はどうでしょうか?ランチの11時半
のお時間は御予約もお一組のみとお席にかな
り余裕がございます。11時オープンで皆様の
お越しをお待ちしております。
それでは今日もよい一日を!

最後にSpecial Thanks to Mさん
間も無く店内で始めようと思ってたフェアと
ピッタリでビックリ!ありがとうございました!風邪気味なので体調戻ったら開けます^ ^

0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

「暮らし、味わう。」 テマヒマは 民藝と発酵をモノサシに 食を通して暮らしの豊かさを提案する 古民家セレクトショップ&カフェです。 味噌ソムリエの店主がテマヒマかけて作る 発酵食品を中心としたカフェ、 テマヒマかけて作られた暮らしの器・道具、 食に関する書籍を販売しています。 古民家を改修した隠れ家的空間で、 ランチ、スイーツ、お買い物を お楽しみ下さい Since 2018.10.01