負荷

おはようございます。

暮らし、味わう。
食を通して豊かなライフスタイルを提案する
古民家セレクトショップ&カフェ テマヒマ
プロデューサー、バイヤーの太田 準です。


テマヒマブログ 自分の回で、民藝と暮らすで
実施した「お味噌の話と味噌玉作りワークシ
ョップ」の際にテマヒマ店主(うちの奥さん)が
参加者に伝えた言葉をご紹介しました。

民藝もお味噌もテマヒマかけて大切に作られたモノ。それを生活に取り入れることで自分を大切にする、自分以外の軸で判断したり行動したりしがちですが自分に立ち返る時間を少しでも多く持てるきっかけになればと思います。
10月のプチリニューアルに際して、店主太田
智子が考えるのは

「自分を大切にする食事」。

自分を大切にする、それは決して利己的な意
味ではなく、自分を大切に出来れば周りも大
切に出来るはず、と言います。

テマヒマブログ 訓練の回でも書きましたが、
ヒトは兎角他人のモノサシに影響を受けが
ち。●●はカラダにいい、◯◯は痩せる、そ
んな情報に飛びつき一気にブームになりそし
て忘れ去られる。マーケティング的な世界に
踊らされてるとも言えますが。
テマヒマブログ 沈黙の回で、精進料理での
春苦味
夏は酢の物
秋辛味
冬は油と
合点して食え
という言葉をご紹介しましたが、
夏野菜を食べていれば冷たいものを食べなく
てもカラダを冷やしてくれますし、秋は実り
の秋でそれを食すことで冬に備えます。冬は
根菜でカラダを温め、春は苦味のあるもので
冬に溜めた老廃物を排出します。ヒトも自然
の一部で、旬のもの、自然の恵みを頂くこと
で健康になります。
自分のカラダがら何を欲しているか、
「自分でカラダの声を聞く」。


丁寧に時間と心がかけられた仕事がある。
素材の旨味を引き出そうと手間を惜しまず
作られる料理。表には見えない細部にまで
手の入った工芸品(略)
このような仕事に触れる時、私たちは嬉し
そうな表情をする。
何度かテマヒマブログの中で紹介してきた、

西村佳哲さん「自分の仕事を作る」の中の一

節ですが、誰が作ってるか分からないもので
はなく、テマヒマかけて丁寧に作られたお食
事やモノに接した時の喜びは自分が大切にさ
れてると感じられるからだと思います。


「自分を大切にする食事」。
テマヒマブログ訓練の回でも書きましたが、
それは脳が喜ぶ食事ではなく腸が喜ぶ食事。

ボリュームやコスパ、インスタ映えとかと

関係ないカラダやココロが喜ぶ食事、カラ

ダに負荷のかからない食事。


美味しいお食事を頂きたい、という時よりも
カラダやココロを整えたいと思った時に、
想起して頂けるそんなテマヒマへ。食養生と
言うのでしょうか?でもそれは特別なハレの
日(非日常)ではなく、あくまでケの日(日常)の
ためのお食事。値上をお願いしておいてなん
ですが。。。

「ヒトは食べたもので出来ている」


自分を大切にする、負荷を減らすというのは

テマヒマが1周年を迎えるにあたり掲げるテー
マですが、それは1周年を迎え今後長く続けて
いくためのテーマでもあります。店主が現在
10月以降のメニュー構成を検討していますが
かえって負荷が増えることにならないか、そ

してそれこそ自分を大切することが出来るか

心配していたりもします。

テマヒマのプチリニューアルの主旨をご理解

支持頂ける方が多くいらっしゃることを望み

ます。


昨日はたくさんのお客様にお越し頂きありが

とうございました。今日も11時オープンで皆

様のお越しをお待ちしております。

ランチの11時半のお時間はご予約で残り4席

です。それでは今日もよい一日を!


尚、明日9/7は臨時休業、明後日9/8は物販と

喫茶のみ営業(ランチ無し)となります。

よろしくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000

テマヒマ

「暮らし、味わう。」 テマヒマは 食を通して豊かなライフスタイルを提案する 古民家セレクトショップ&カフェです。 味噌ソムリエの店主がテマヒマかけて作る 発酵食品を中心としたカフェ、 テマヒマかけて作られた暮らしの器・道具、 食に関する書籍を販売しています。 古民家を改修した隠れ家的空間で、 ランチ、スイーツ、お買い物を お楽しみ下さい Since 2018.10.01